2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

夜の陽朔西街

昼の西街を観光した後は、
しばらくホテルで昼寝をして、
19:30~ 再び、外に繰り出しました。

外に出たらびっくり。
山が光っています。

モンリーの上海奮闘記


こちらの山もそうです。 モンリーの上海奮闘記


さすが、観光都市陽朔ですね。
山もライトアップしているようです。 モンリーの上海奮闘記


さあ、またまたやってきました。
西街です。

モンリーの上海奮闘記 

西街に入ったら
すぐに入り口で年配ウェイトレスに止められました。

ここの料理美味しいよ!

2割引するから

2割引の声に心がグラッと動いてしまった・・・

モンリーの上海奮闘記 

一块瓦金奖啤酒鱼」という
レストランに入りました。

こちらも外で食事が出来るようです。 モンリーの上海奮闘記


まずは・・・
地元のビール

LiQ(漓泉)啤酒を注文!

モンリーの上海奮闘記


7、8年前、初めて中国に来た時には
お店に冷えているビールが無くて、

生ぬるいビールを飲まされましたが、
最近のレストランはどこも冷えている
ビールがありますね。

このレストランのビールも
ギンギンに冷えていました。

<評価>:★★★★☆


続いて・・・
漓江名物「タニシ」を頼みました。

モンリーの上海奮闘記

このタニシは漓江で取れた
名物料理のようです。

味は・・・
味付けが中国風で

少し臭い。八角の味がしました。

油がたくさん。実が小さい等、
ちょっと不満の多い料理。

名物料理じゃなかったら
頼まなかっただろうなぁ。

<評価>:★★★☆☆


続いて、

麦菜」です。

モンリーの上海奮闘記 

緑の野菜を食べたかったので
麦菜を注文しました。

麦菜と言うと
上海ではピーナツソースがけが

中心ですが、陽朔の麦菜は
このように油で炒めて塩コショウで
味付けした料理でした。


味は・・・

まあ、普通ですね。

茎の辺りを齧ると、
じゅわ~っと、油がかかったスープが溢れます。

個人的にはピーナツソースの方が好き。

<評価>:★★★☆☆


続いてメインディッシュです。

陽朔と言えば・・・
啤酒魚」ですね!

モンリーの上海奮闘記 

こちらが?啤酒魚です。
魚をビールで煮込んだ陽朔の名物料理なんですね。

お店の看板にも?酒魚と書かれていて、
陽朔に来て啤酒魚を食べないのは勿体ない。

早速食べてみました。

味は・・・

魚は少し臭みがありますね。
ビールで煮込むのはその臭みを取るためか。

唐辛子が入ってて、少しピリ辛。
日本風しょうゆ味に近い味付けでとっても食べやすいです。

<評価>:★★★☆☆
(ただ、期待してたわりには普通の魚料理でした)


最後に・・・
こちらは桂林名物、

炒粉」を頼みました。

モンリーの上海奮闘記 

これは本当に美味しかった。
桂林独特の米で作った麺に、野菜、肉、唐辛子があんかけに
なっています。

味付けは醤油系で日本人が大好きな
料理だと思います。

<評価>:★★★★★


日本料理で例えるなら、
焼きうどんですね。

熱々で食べると本当に美味しい。
実は、翌日も別の店で、この炒粉を頼むほど
虜になってしまいました。

このレストランでは20:00~23:00まで
ゆっくり食事をしていました。

モンリーの上海奮闘記 

ビールも4本開けました。

お店の閉店は2:00でしたが、
さすがに疲れてるので、
ホテルに帰りましょう。

途中で雨が降ってきて
店員さんが屋根を作ってくれました↓↓ モンリーの上海奮闘記


次回へ続く・・・

【参考】
山水画の桂林へ出発! 
桂林の町並み紹介(1日目) 
桂林の食事(1日目) 
両江四湖(桂林1日目) 
桂林璃江川くだり(桂林→陽朔)その1 
桂林璃江川くだり(桂林→陽朔)その2 
陽朔 西街観光(桂林2日目) 


(上海情報はこちらから↓)
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 夜の陽朔西街

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/481

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港