2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国出張・旅行(蘇州) (11)

世界遺産の庭園、除夜の鐘で有名な寒山寺、
こうした歴史ある建物が多い蘇州に・・・ なんと!

77階建ての超高層ホテルが建設されようとしているんです!!
こちらがそのホテルのイメージ図です。
dongfangzhimen.jpg

これは・・・
すごい。。

フルに風水使っていますね。
真ん中に気の通り道をしっかり作っている贅沢なホテルです。

別のイメージ写真はこちらです。
dongfangzhimen2.jpg


いかにも高級そうなホテルですが
もちろん5つ星ホテルです。

ホテルが上層部、下層部に入り、中間層部にはオフィスが
入る予定のようです。

また、52階には展望レストランが入る予定で、蘇州の夜景、金鶏湖を見ながら
贅沢なディナーを楽しむことができます。とても楽しみなホテルです。

先日、建設状況を見に行ってきました。
まだ2つの門を作っている段階です。
dongfangzhimen3.jpg

別の角度からの写真です。
dongfangzhimen4.jpg

ホテルの営業開始日は2013年5月のようです。
まだあと1年弱。楽しみに待ちましょう。

ホテルの場所は・・・
あ、、、私のいた会社の蘇州事務所のすぐ近く・・、こちらです。



大きな地図で見る

中国では1日~7日まで、国慶節休みに入りましたが、
この日はここ、新しくできた「虹橋駅」にやってきました。

モンリーの上海奮闘記

ここ、虹橋駅は「高鉄」と呼ばれる
高速鉄道が走っているんですよね。

まずは安全検査があります。
モンリーの上海奮闘記

ここでは荷物検査をします。
モンリーの上海奮闘記

こちらが虹橋駅です。
最近できたばかりと言う事で、とても新しいんです。
モンリーの上海奮闘記

こちらが蘇州行きの切符です。
モンリーの上海奮闘記

中国の新幹線、动车は切符にD
書いてありましたが、高鉄はGなんですね。

切符の値段にびっくり!

蘇州行き一等車で、
なんと!65元です。
动车の2倍ですね。

さあ、せっかくきたので虹橋駅を
散策してみましょう。
モンリーの上海奮闘記

こちらの大きなスクリーンでは
真ん中に映像を映しながら、
左右には時刻表が載ってます。
モンリーの上海奮闘記


こちらが入場ゲートです。
モンリーの上海奮闘記

これ・・・

明らかに並んでないですよね?(苦笑)


続いて、上(3階)に向かいましょう。
ショッピングモールになっているようです。
モンリーの上海奮闘記

中国の水餃子チェーン店、大娘水餃が
入っていました。
モンリーの上海奮闘記

こちらにはマックです。
モンリーの上海奮闘記

他にもコーヒーショップもあります。
モンリーの上海奮闘記

こちらの店(SANA)はインターネットを
完備していませんでした。(今後に期待)

こちらはUFFという中華(軽食)ですね。
モンリーの上海奮闘記

どの店もまだオープン仕立てで
人があんまりいませんでした。

廊下を歩いていると・・・

なぜか・・・

床に座って
インターネットを楽しんでいる人もいました。(笑)
モンリーの上海奮闘記

こちらの駅は虹橋空港第二ターミナルに直結しています。
先には第二ターミナル行きの高架橋が見えますね。
モンリーの上海奮闘記

将来的には味千ラーメン、ケンタッキー、COSTAコーヒー等の
店舗が入るようです。
モンリーの上海奮闘記

上から写真を撮ってみました。
それほど人は多くないですね。
モンリーの上海奮闘記


こんな感じで時間をつぶしていたら、
ようやく搭乗時間になりました。
高鉄に乗りましょう!


こちらが・・・

本ブログ初公開!
高鉄です!!
モンリーの上海奮闘記

これまでの动车とあまり見た目は変わりませんが、
少し丸みを帯びたボディに変わった気がします。

高鉄はスピードがとっても速いんです。
(最高スピードは後ほど掲載します)

蘇州までたった27分で着いちゃうんですよね。
モンリーの上海奮闘記


こちらが一等席の室内です。

二等席は片側一列三席あるのに対して、
二列でゆったりしたスペースになっています。

ちなみに私の席には知らないおじさんが
座っていました。

「ここ、自分の席なんだけど・・・」

と言うと、

慌てて他に行きました。

中国では空いてる席に勝手に
座っているので、声をかけないと
避けてくれません。

这里是我的位子
(Zhe4 li shi4 wo3 de wei4 zi)

意味:「ここは私の席です

このぐらいの中国語は
覚えておきましょう。

次回へ続く・・・

【お土産で中国人のココロをつかむことができるって本当?】
中国人へのお土産 BEST洋菓子(10秒でココロをつかむ中国語講座より)

果たして、
中国人は時間にルーズなのか・・・?


日本人のイメージでは、
中国人は約束した時間通りに来ないし、
会議だって時間通りに始まらない。


「時間にルーズである」


これが日本人のイメージですが、
果たして実態はどうなのか?
検証してみたいと思います。


検証するにあたって、
時間に守る、守らないは個人レベルで大きく
違ってくる事から客観的に判断できないため、
交通機関の中で最もブレの少ない新幹線の
出発時刻で検証してみたいと思います。

日本でも新幹線の出発時刻なら
基本的に大きく遅れることは少ないですよね。
客観的な分析が出来るかと思います。


まず、ここは蘇州駅です。

モンリーの上海奮闘記


これから上海へ戻ります。

モンリーの上海奮闘記


今回乗る列車は新幹線です。
出発時間は、17:19になります。

モンリーの上海奮闘記


すると・・・・
しばらく列車を待っていましたが・・・
全然来ません。(苦笑)


もう17:30になりました。 モンリーの上海奮闘記


驚きました。


いつの間にか、
出発時刻が変わっていました!
17:36発になっています。

モンリーの上海奮闘記


新幹線の出発時刻が変わってしまったんです。
日本じゃ考えられませんね。

17:35分頃に新幹線が到着・・・

モンリーの上海奮闘記 モンリーの上海奮闘記


停車しました。 モンリーの上海奮闘記


そして、乗車。

モンリーの上海奮闘記


その後、出発したのは
なんと、17:40!

当初予定は17:19
いつの間にか出発時刻が変わって17;36。
結局、出発したのは17:40でした。

2回も時間が変わってしまいました。。。。。
これを、時間にルーズと言わずして
何と言うのか・・・


という事で、
中国人は時間にルーズなのか」の答えですが、
時間にルーズである」という事が言えるかと思います。


先週末(金)は、このホテル。
蘇州会議中心に泊まっていました。


政府関係者が良く使うホテルだそうです。


会議中心と書いてありますね。


翌日、チェックアウト後、上海に戻る事にしました。
蘇州から上海へ行くには新幹線(动车)が一番速くて良いですね。
たった30分で上海に着きます。

まずは駅に蘇州駅に向かいました。
ここが蘇州駅です。


寒山寺が見えますね。 


まずは切符売り場に向かいましょう。


こちらが切符売り場です。


切符を購入します。
中国では切符を買うのに基本的に自動改札が無いので
切符売り場で並ばなければいけません。


全部で20~30程の切符売り場がありますが、
全て有人です。


こちら、右側は学生向けの切符売り場です。
学生」と書いてありますよね?


って、おい!
このおじさんはどう考えても学生じゃないだろう?(苦笑)


なんていうか、、、大胆すぎますね・・・
正面の男もそのおじさんをじ~っと見てます。。。

結局、上海行き電車の切符は
今から3時間後出発分しかありませんでした・・・
ただいまの時刻は9時45分。

これから3時間待つのは苦痛なので、
バスで帰る事にします。

バス乗り場に向かいましょう。

ただし、、、
ここからバス乗り場(汽车站)までは歩くと30分以上かかるので、


この乗り物に乗りました。
いわゆる人力車です。(笑)


5元でバス停まで行ってくれるそうです。
おじさんは必死にペダルをこいで進んでます。


この乗り物は、普通に車道を走るんです。(笑)
けっこうデンジャラスです・・・


10分程で到着しました。
途中、坂もあり、おじさんはかなり苦しそうでした。(苦笑)
お疲れ様!(辛苦了)と言うと、苦笑いしてました。


さあ、バス切符売り場に到着したので、
バスの切符を買いましょうか。

こちらが切符売り場です。


上海行きの切符は、今から10分後の発車便があるようです。
33元、早速購入しました。10:10出発です。


バス待合室に移動しましょう。
上海」と書いてあるとこがそうです。


すぐに呼ばれました、時間です。
バスに乗り込みましょう。


バスと言うとちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、
中はこんな感じです。普通の高速バスですよ。そこそこキレイです。


バスの切符を購入すると、自動的に障害保険に加入されるようです。
こちらが傷害保険の内容です。何かあれば1万元+1万元=2万元の
保険が降りるようですね。


バスは2時間ほどで到着
12:00過ぎに到着しました。

バス到着口は上海駅の近くです。


歩けば20分ほどで上海駅方面に到着します。


とりあえずバス到着口を左に曲がり
ひたすらまっすぐ行ってください。


右手にこれが見えたら目印です。
横断歩道を渡って右に曲がれば上海駅です。



8/21(木)上海に戻ってきました。


で、いきなり
8/22(金)は某液晶メーカーと打ち合わせのために
蘇州に出張しました。


久々の蘇州・・・
今回は、会社のスタッフにホテルを予約してもらいましたが、


なんと! 政府関係の四つ星ホテル「会議中心酒店」を
予約してもらいました。

1泊450元。
中国にしては、そこそこ高いです。(汗)

しかも、会社のホテル上限400元を超えるとこを
予約してくれました。(苦笑)

でも、チェックインはものすごい早かったです。
政府関係の方が泊まることが多いので、
スタッフは十分訓練されてるんでしょう。
ものの5分で完了しちゃいました。

チェックイン後は部屋に向かいました。
部屋は広くてなかなか居心地が良いです。


こちらがベッドです。


入り口から見るとこんな感じです。


今夜は蘇州に泊まって、
明日(土曜日)上海に戻ります。

早く戻って、、、
日本から持ってきた荷物整理をしなければ・・・


1  2  3
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港

 最近のコメント