2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

マッサージ (2)

先週、疲れていたのでマッサージに行きました。

今回行ったマッサージ屋さんは「虹梅路」です。

モンリーの上海奮闘記

虹梅路-華光路(华光路)にある
雪莉健康按摩」に入りました。
モンリーの上海奮闘記


まず、入ったら受付があるので、
そこでマッサージの内容を決めます。

基本的に私は全身マッサージ派なので、
この日も全身マッサージの中国語
中式推拿!」と伝えました。

すると、
「好的」(OKの意味)と言われて、
二階に案内されました。
どうやら二階がマッサージ部屋のようですね。

部屋に入ります。

すると、洋服をチェンジするのか
聞かれました。

さすがにジーンズでは受けたくないので
チェンジしましょう。

しばらくしてマッサージ用の
パジャマのような洋服を持ってきました。

洋服に着替えて、
しばらく待つと、マッサージ師が登場。

マッサージがスタートです。
腕前はいかがかな・・・



まずはうつぶせになって、
肩から。

おお、
肩は気持ちいい。

続いて、腰、

そして、腕・・・

ああ。
腕は痛い!(笑)

足・・・

足はもっと痛い。(笑)

久しぶりにマッサージを
受けたせいか痛い。

でも、後半になると
慣れてきたようで
気持ちよくなってきました。(笑)

終わるころには
体が軽くなったぞ~。

気になる評価ですが、
今回は3つ星。

<評価>:★★★☆☆

マッサージの腕は良いんですが
部屋が少し汚い感じがしますね。
男性は良いけど、女性は気になりそう。

個人的には康友四季のほうが
良いかなあ。

(参考):虹梅路マッサージ屋

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


大きな地図で見る

今日は私の行きつけマッサージ屋さんを紹介します。
モンリーの上海奮闘記

名前は、中国語で「康友四季」と言います。
英語名は「Healthcare Club」です。

上海には「虹梅路」、「金橋」、「梅花路」、「古北路」、
「水城路」等、 数店舗ある有名チェーン店になっています。

この中で、私が良く行くのは虹梅路です。 

いつもここに来ると1時間、78元(1000円ぐらい)の
中式マッサージ(全身マッサージ)を頼んでいます。

仕事が忙しくて肩が凝ってきたら行くような感じで、
何だかんだで、、、大体、週に1回ペースで行っています。

受付の女性とは、すっかり顔なじみになりました。
いつも来るたびに「久しぶり!」と声をかけるような仲です。

中に入ると、まずは2Fに案内されます。 部屋はこんな感じです。モンリーの上海奮闘記

全部で4つのベッドがあります。

人がいっぱいだとたまに相部屋になる事もあります。

私がお願いする「中式マッサージ(全身マッサージ)」は、
最初にうつぶせになって肩から始まり、 
次に首、腕、そして腰と進み、
最後に 起き上がって肩をもう1度という流れです。

マッサージ師によって、強さが違うんですが、
たまに力の強いマッサージ師にヒットすると
ものすごい悶絶します。(苦笑)

痛いマッサージ師にヒットする確率は30%。
(あくまで経験談です。 笑)

それ以外の70%は上手なマッサージ師に
ヒットします。 

この店はマッサージ師の指名も出来るので、
上手なマッサージ師の番号を控えておくと
良いと思います。

番号を聞くには、中国語で
你的号码多少? (Ni3 de hao4 ma3 duo1 shao)と
でOKです。

上海にはマッサージ屋さんはたくさんありますが、
康友四季はベスト3に入るほど、腕の良いマッサージ師がいます。
是非行ってみて下さい。

逆にオススメしないのは南京東路や新天地等の
観光地付近のマッサージ屋です。

こういう場所のマッサージ屋さんは観光客相手のため、
金額も高いです。
腕が良いのかと思いきや、一部のお店は素人っぽい人が
やっている事も多いので、できれば避けた方が良いです。

基本的に、駄目なマッサージ屋は制服が無かったりしますよね。
お店に入って、私服だったら、もう駄目です。

再見!(さようなら)と言って帰った方が良いですね。

康友四季の住所、伝湾番号はこちらです。
【住所】 虹梅路3300号 (タクシーに乗ったら 虹梅路-华光路で行けます)
【電話番号】 : 021-54221271



大きな地図で見る
1
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港