2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国グルメ【四川料理】 (14)

先日、浦東のお客さんを訪問した帰りに、

浦東の「辣翻天川菜馆」で、昼食を食べました。

辣翻天川菜馆」は、私の好きな四川料理なんです。

(昼間から四川料理行っちゃいました。。。)

最初に頼んだのが・・・

最近すっかりハマってしまった、

四川風の「土豆丝」です。

土豆丝は中国の典型的な家庭料理ですが、

四川風の土豆丝はちょっと味付けが違うんです。 モンリーの上海奮闘記

これ見てください。

うわっ!

唐辛子がたくさん入ってます。

普通の土豆丝は酸っぱいんですが、

四川風の土豆丝は酸っぱい&辛いんです。

これがイケます!

食欲を誘います。四川風土豆丝を食べると

通常の土豆丝が物足りなくなります。

<評価>:★★★★★

(文句なしの5つ星!)

続いて・・・

麻婆豆腐です。

モンリーの上海奮闘記

この店の麻婆豆腐は、

とにかく安い!

これが7元です。

日本円にすると100円相当ですね。

実はこの店、かなり狭いのですが、

意外と外国人のお客さんがいるんです。

この日も日本人が1組いました。

日本人は、大抵

麻婆豆腐を頼みます。

店員は私の顔を見て、

麻婆豆腐を勧めてきました。

(日本人と思われて良かった。笑)

果たして・・・

味は!?

おお。

こりゃ辛い。

さすが四川風ですね・・・

日本の麻婆豆腐のように片栗粉使って

ドロドロしてないのも特徴です。

<評価>:★★★☆☆

続いて・・・

ここで一休み。

箸休めのためにスープを頼みました。 モンリーの上海奮闘記

舌が休まります。

安心できる柔らかい味です。

四川料理には、こうしたスープが合います。

<評価>:★★★★☆

続いて・・・

鱼香肉丝」です。

モンリーの上海奮闘記

これも四川料理の定番ですね。

でも、ここの鱼香肉丝はちょっと違うんです。

黒いのは昆布なんですよね。

昆布がたくさん入っているんです。

一緒に同席した私の部下が、

かなりハマってました。

日本人にも合いそうな味です。

<評価>:★★★★☆

最後に「卵チャーハン」です。 モンリーの上海奮闘記

やはり辛い物は、ご飯と一緒に食べると

美味しく感じます。

ここの卵チャーハンは

味はまあまあ。

これも6元ぐらいでした。

とにかく値段が安いお店なんです。

<評価>:★★★☆☆

さあ、

気になるお値段ですが・・・

全部で45元!

3人で来たので、1人15元で済みました。

安いなあ・・・

しばらく浦東のお客さんのところに

通わなきゃいけないので、この店に寄ろうかなぁ・・・

面白い中国ブログがここにあり!

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

【住所】:上海市浦东新区栖霞路5号

【電話番号】:021-58887746

場所はこちらです↓↓

大きな地図で見る

昨日は奥様と四川料理の超有名店
渝信(Yu Xin)」に行ってきました。

渝信」は上海で5本の指に入る
美味しい四川料理屋さんです。


まずは、冷菜を注文しました。
こちら牛肉の唐辛子和えです。

モンリーの上海奮闘記


牛肉に、辛そうな唐辛子、
香菜が載ってますね。

味は・・・

おおおお。
辛い。

辛そうに見えないかもしれませんが、
かなり辛いんです。

ただ、お肉は生臭くなくて、
スモークサーモンみたいな感じ。

日本人が好きな味です。
お酒のつまみには最適ですね。

<評価>:★★★★☆


続いて・・・
マーボー茄子を頼みました。

モンリーの上海奮闘記


四川料理で注文するものに困ったら、
マーボー茄子が良いですね。
味にハズレが少ないです。

同じマーボーでも、
麻婆豆腐は辛くて食べられない事が
ありますので。
(話題作りには良いですが)


」のマーボー茄子は
一つ一つの茄子が大きいので、
ボリューム感あります。

ひき肉とネギで炒めた
マーボーの味も最高!

<評価>:★★★★☆


続いて・・・
四川料理といったら、

やっぱりこれですね。
水煮魚」です!! モンリーの上海奮闘記


この前食べた「沸騰魚乡(北京店) 」の水煮魚と色が違いますね。

渝信」の方が透明な油スープです。
渝信」の水煮魚は中の魚が何種類かあって
選ぶことが出来ます。

私が今回選んだのは粘魚です。
お値段は36元でした。


味は・・・

やっぱり「渝信」の
水煮魚は美味い!

魚はねっとりしてて
味が濃厚!!

魚の実が大きく、
骨が少ないのが「渝信」の
水煮魚の特長です。

<評価>:★★★★★
(久々の5つ星!!)


「渝信」の水煮魚は美味しいので
ぜひ食べに行ってください。


最後に〆(しめ)の
淡々麺を頼みました。

モンリーの上海奮闘記


これぞ本場の淡々麺です。
日本の淡々面と全然違います。
ひき肉は無し。ネギが上に載っています。
スープの色はまあ、どちらも一緒か。

いや~、
美味そうだぁ!!!

果たして味は・・・!?

おお。ネギのおかげで
さっぱりした味になっていますね。

基本はピリ辛ですが、
ネギパワーで、さっぱり感が出ています!!

<評価>:★★★★☆


今回我々が行ったお店は
「成都北路」の「招商局広場」です。

ここはお客さんが少なくて
かなり穴場スポットです。
ぜひ行ってみてください。

皆さんのリポートも楽しみにしています。

(上海情報はこちらから↓)
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


【渝信川菜】
住所: 静安区成都北路333号招商局广场3楼(近威海路)
電話番号: 021-52980438 52980439

大きな地図で見る

昨日は会社の同僚と四川料理レストランに行きました。

こちらです。
人民広場の明天広場隣の「蜀菜行家」です。

モンリーの上海奮闘記

店内はこんな感じ。

ビルの入り口付近を工事しているため、
お客さんは少なかったです。(今が狙い目!?)
モンリーの上海奮闘記

今回頼んだのはこちら。

まず箸休めの前菜、
麻醤油麦菜」です。
モンリーの上海奮闘記

この野菜の事をいつも
「葉っぱ」と呼んでいるんですが、
この葉っぱがメチャメチャ美味しいんですよね。

厳密にはこのピーナッツソースが美味しい。
葉っぱ自体は味はしないのですが
歯ごたえがシャキシャキして食感が良いんですね。

<評価>:★★★★☆

続いてこの酸っぱ辛い麺です。
モンリーの上海奮闘記

この料理も私の大好物の1つです。
何とも言えない酸っぱさに加えて、
辛いんです。(笑)

この酸っぱ、辛さは病みつきになりそう・・・

<評価>:★★★★☆

続いて麻婆豆腐です。
モンリーの上海奮闘記

麻婆豆腐は四川料理の定番ですね。
ここの麻婆豆腐は10元と安いので
試しに頼んでみましたが・・・

辛い!(苦笑)

ここのマーボーは本当に辛いですね。
ピリピリ舌がしびれてきます。

<評価>:★★★☆☆

続いて最後に
ちょっとおしゃれなホイコーローです。
(中国語は回鍋肉)
モンリーの上海奮闘記


ここのホイコーローは
パンで包んで食べます。

味はホイコーローにしては薄味。
初めて中国に来た日本人でも食べやすいと
思います。

<評価>:★★★★☆

と言うことでグルメレポートでした。

レストランの場所はこちら。


大きな地図で見る

(ブログ村へ続きます)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

昨日は自宅近くの四川料理屋さんに行きました。

こちらが威寧路沿い-新漁路付近にある
大人気四川料理屋「天府人家」です。

モンリーの上海奮闘記

ここの名物は水煮魚なんですね!
唐辛子たっぷりでとっても美味しいです。

まずは前菜から。

前菜と言っても
冷菜を食べても体が温まらないので
最初から熱菜を頂きます。

マーボー茄子です!
モンリーの上海奮闘記

このマーボー茄子が
本当に美味しいんですよ!
ひき肉とマーボーがうまくからみあっていて
ご飯が止まらなくなります。(笑)

天府人家は、
個人的にマーボー茄子も
絶品だと思います。

<評価>:★★★★☆

続いて、
さあ、メインディッシュですね!
モンリーの上海奮闘記

来ました~!!!

唐辛子がた~っぷりのってます。
こちらが水煮魚です。
私の大好物でもあります。

味はと言うと・・・

これが本当に
辛いんですよ。

しかも、
スープが熱々なので、、、
辛いというよりも・・・
口が痛い!(笑)

日本の四川料理を食べて、
「ああ、辛い、辛い、食べられない!」
なんて言ってるのはかわいいもんです。

この水煮魚を食べると、
舌がしびれます。(笑)

冗談じゃなくて、
本当です。舌がピリピリけいれんして
しびれる感覚を味わえます。

辛くても、痛くても、
舌がしびれても、
それでも、
この料理は美味しいんです。

味もいいですが、
この辛さが食欲を誘います。

文句なしの5つ星!!!
<評価>:★★★★★

天府人家の水煮魚は
毎日売り切れが出るほど大人気!

しかも

この料理がたった38元なんです。
40元以下は、、かなり安い!!
ぜひ一度食べてみる価値ありです!

最後にいんげん料理を食べました。
モンリーの上海奮闘記


辛い料理からの
箸休めです。

にんにくやひき肉の味が
良く出ていますね。

まあ、辛い料理ばかり食べると
口の中が痛くてたまらないので
1品こういった料理を頼んでおくと
良いです。

<評価>:★★★☆☆

天府人家はこちらです。

大きな地図で見る

四川料理って、本当に辛い。


特に中国の四川料理は調味料や唐辛子の
辛さが際立っているんですよね。


日本で食べる四川料理と比較になりません。
(食べたことのない人は是非中国で食べてみてください)


その四川料理を・・・
なんと!自分で作ってみることにしました。(笑)


四川料理といえば、
麻婆豆腐。

中国で豆板醤を買いました。 モンリーの上海奮闘記


袋入りなんですよね。

開けてみると・・・
うわっ!

真っ黒だ。 モンリーの上海奮闘記


豆板醤を入れて、味噌を入れて、
酒を入れて、片栗粉を入れて、
ひき肉、豆腐を入れて・・・  と。

結果、作ってしまいました。
麻婆豆腐を。


これが私が作った麻婆豆腐です。

モンリーの上海奮闘記


我ながらうまくできたなぁと思います。
果たして味は・・・

むむむ!
確かにピリ辛だ!(笑)


これは、豆板醤のせい?

日本の豆板醤に比べて、
中国製は唐辛子の量が
多い気がします。

豆板醤の量は大さじ1杯程度でしたが、
けっこう辛い。(苦笑)


ピリピリします。


自己評価です。
<評価>:★★★★☆

↑は、奥様の評価です。
意外と旨かったとの事。

中国では、料理は旦那さんの役割なんです。(苦笑)


1  2  3
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港