2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

桂林璃江川くだり(桂林→陽朔)その1

桂林旅行2日目ですが、
この日は楽しみにしていた璃江(りこう)川くだりに行きます!


璃江(りこう)川くだりは、
桂林→陽朔の83キロを船で下っていくんですね。

83キロとは、長いですね・・・。
壮大な旅になりそうな予感です。


ちなみに、
璃江(りこう)川くだりは、前日18:00までの
事前予約が必要になりますので、注意してください。

我々は前々日にCtrip(携程旅行)のツアー で申し込みましたが、
現地に入ってからでも旅行会社がたくさんあり、普通に予約できますので、
事前準備が間に合わなかった場合は現地で予約すればよいと
思います。
(あと、空港でも、ホテルでも予約できます)

予約後は、計3回の電話がありました。

【1回目】
 Ctrip(携程旅行)上海からの電話
  ※名前、日程、人数、金額の確認

【2回目】
 Ctrip(携帯旅行)桂林からの電話
  ※名前、日程、人数、宿泊場所ホテルの確認
  ※別旅行会社からの電話があると通知あり

【3回目】
 桂林の旅行会社からの電話
 ※名前、ホテルの場所、待ち合わせ時間の確認

全部中国語での電話なので、
中国語が聞き取れる人がいないとCtrip(携程旅行)の
ツアー参加は厳しいと思います。

最後の3回目の電話は、前日17:00頃でした。
「朝、7:30に迎えに行くからホテルの前で待ってて」
と言っていましたが、

当日には
「朝、7:35に迎えに行くからホテルの前で待ってて」
と・・・

5分遅くなってました。(笑)


しかも、
皆さんの予測通り。
ガイドが来たのは7:40でした。(笑)
(更に5分遅れたのね・・・)

こちらがホテルの前です。

モンリーの上海奮闘記


我々2人が最初に搭乗しました。

モンリーの上海奮闘記


外は・・・
ああああ、

雨・・・・ モンリーの上海奮闘記


しばらくして
中国人グループが全部で10組乗ってて、
目的地に出発。

ちなみに、
旅行者の中には1名で参加している男性、女性が
いました。一人旅でしょうかね。。

しばらくバスで走っていると・・・ モンリーの上海奮闘記


ガイドさんから
このような旅行用シールを渡されます。
「Tシャツの胸に貼れ」と。旅行団シールですね。 モンリーの上海奮闘記


この日は雨でしたが、、
気温は最低気温24度、最高気温28度、
湿度が90%近くあり、とにかく蒸し暑かった。。(苦笑)


やがて、
我々のバスはこちらに到着↓ モンリーの上海奮闘記


お土産ショップですね。
これ↓を買いなさいと言われましたが
無視し続けました。(笑) モンリーの上海奮闘記


もうその手には乗りませんぞ。
何度もこの手には騙されてきましたので。
ここで30分つぶして、9:30にガイドから船のチケットをもらって
ガイドとバスとはお別れ。

歩いて船に向かいます。
ここは地図的には「磨盤山埠頭」と呼ばれる場所のようです。 モンリーの上海奮闘記


我々の船は4号でした。
(ここは5号)

モンリーの上海奮闘記


ここです。 モンリーの上海奮闘記


どうやらあれが我々の船のようですね。

モンリーの上海奮闘記


急ぎましょう。

モンリーの上海奮闘記


さあ、船に到着。
ここでチケットを見せて
乗り込みます。

モンリーの上海奮闘記


さあ、乗り込みました。
本日、5月4日は中国では平日にも関わらず
船内はほぼ満員でした。 モンリーの上海奮闘記


しばらくして
女性のガイドさんがガイドをはじめました。 モンリーの上海奮闘記


ワイワイ飲み食いのスタートです。 モンリーの上海奮闘記


中でカメラマンが来て、
「写真撮らないか? 安いよ」と誘ってます。 モンリーの上海奮闘記


さあ、壮大な船の旅がスタートです。
83キロは・・・ 4時間かかるようです。

こんなに長く船に乗るのは久しぶり。
楽しみです。


次回へ続く・・・

(上海情報はこちらから↓)
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 桂林璃江川くだり(桂林→陽朔)その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/478

コメント(2)

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:

うおづです。

写真を撮る「おじさん?」は本当にしつこくて、うるさくて、イヤですよね。

私は大連の水族館で観光局につきまとう「写真とるよ!おじさん」に嫌気がさしました・・・。

TITLE: 2 ■どこにもいますね
SECRET: 0
PASS:
>うおづさん

中国でもキャノンやNIKONの一眼レフが
普及していますので、高いカメラを買った人は
趣味の一環で写真撮影の商売をしますね。
結局私は二三度も頼みましたが、今は毎回
断っています。
自分のカメラで撮った方が思い出になります
しね。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港