2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国不動産 (26)

自分の上海の友人がマンションを買い換えることになった。

買うではなく、買い換える。

今は既に長寧区に駅徒歩5分の2LDK/100平米のマンション持っていて、
売却して更に立地の良い場所に買うみたいです。

しかし、、、

これがとんだトラブルの発端に。。。

まずはマンション売却の話を不動産屋に持ちかける。
2LDKのマンションは300万元で売値が付いた。

売り手がついたので、狙っていた同じく長寧区のマンション
120平米、駅徒歩5分 価格400万元の交渉へ。
値引き交渉頑張って380万元でいけそうな見込みを得た。

となると、
契約交わすためには資金の確保が必要。
既存マンションを300万元で売る事でサイン。

売り手からの資金集めを始めたその時・・・

なんと!

なんと!なんと!

380万元で売却OKだったマンションが
他に好条件で購入する人が現れたので、
450万元じゃないと売らないと言い始めたんです。

キターーーーー。


慌てて必死で交渉するも
450万元じゃないと絶対ダメ。

自分のマンションは・・・
既に売却サイン済みで、、、、取り戻すことが困難に。。。。

このままでは家を失ってしまう。。。。

困った。。。。


こんなことって、
中国では結構良くあるみたいです。

失敗したのは、
購入資金を集めるため、今のマンションを売却すると、
購入先のマンションオーナーに伝えてしまったこと。
(資金調達のタイミングが合わないとこうしたことを言ってしまいがちです)

マンションオーナーから見ると、
購入者(私の友達)は、絶対に買わないといけない状態になってるので
どんな条件でも飲むだろう。俺たち(オーナー)は有利だ。と思った。

大ピンチ、大ピンチ。。。

結局、粘って交渉して、、、
結局、420万元で新しいマンションを購入しました。

オーナーにしたら元々400万元で売りに出していたわけで
20万元多く儲かった。

買い手にしてみたら、350万元で買うつもりが、
420万元まで価格アップ。70万元損した形に。。。


今回はマンション購入の話で説明しましたが、、、
他のビジネスでも同じです。
中国では、少しでも弱みを見せると大打撃を受けることがあります。
中国人は決して他人に弱みを見せません。交渉はいつだって強気です。

だって、
弱みを見せるとそこをつかれるから。。。。。

中国では、、、強気に攻めましょう


上海で購入した新築マンションが完成しました。
先日鍵を受け取って中を見てきました。

これからマンションの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。
P1000498.jpg


入口はこうした芝生が整備されていて、子供の遊び場になっています。
子供をお持ちの方はぜひ芝生や緑化率はチェックした方が良いです。
P1000499.jpg


マンションの中の廊下は、今のところ綺麗です。(笑)
床の石は高級感あります。ホテルのような感じですね。
P1000561.jpg


部屋の中に入ります。
少し散らかっていますが、、、(苦笑)
中から入口を撮影しました。
P1000532.jpg


茶色のドアが外のドアです。
中国のマンションは、部屋を開けたら大きなリビングのある部屋が多いです。

ただ、玄関無しのいきなりリビングは冬が寒いので、、
強引に依頼してでも玄関を作っておけばよかったと少し後悔してます。


自分のマンションは、真ん中にリビング、両サイドに2部屋、
玄関のドアの右側にあるのがキッチン、バス&トイレがある構造です。


こちらがキッチンになります。
キッチンはシーメンズ製でした。
P1000542.jpg


こちらがリビング、ダイニングです。それほど広くはないです。
まあ、上海ではこのぐらいの広さは普通ですね。
逆に広すぎると冬は寒くて、夏は暑いです。
P1000536.jpg


エアコンはこうした内装に備え付けられてるシステムになっていました。
エアコンをわざわざ買わなくていいので便利だけど、壊れた時は
エアコン全部使えなくなるリスクがありますね。(苦笑)

エアコンのリモコンはこうして部屋に備え付けられてます。
P1000535.jpg


とりあえずこんな感じです。


中国のマンションが有り得ない値段まで下がっているので、
先日、上海-昆山の間にある安亭のマンションを見に行ってきました。

安亭は中山公園までの高速バスが出ているため、
市内まで何とか通える最も遠い場所だと思っています。

こちらが安亭のマンションです。
カラフルなマンションが特徴です。
P1040532.jpg

安亭は開発区のため、マンションの傍にこうした
オシャレな木々や川が作られているんです。
P1040533.jpg


さあ、今回見学したマンションはこちら↓
32号です。
P1040534.jpg


こちらが売りに出されていたマンションです。
P1040535.jpg

なんと! 1平米9,000元!!
10,000元切ってます。

70平米の2LDKなので、2人で住むには十分です。
P1040537.jpg


さあ、どうするか・・・


悩んだんだけど、
交通の不便を考えて断念。


さすがに2軒目となると銀行もお金を貸してくれないだろうし、
少し慎重に考え直す事にしました。

自分が買った1軒目のマンションもあまり交通の便が良くないんですよね。


中国の不動産価格抑制施策によって、
上海でも少しずつマンションの価格が下がりつつあります。

マンション価格が下がってしまう事態を受けて、

日本人なら
 「仕方ない。」
 「売るタイミングを間違えた」
 「自分のミスだ」

ぐらいの気持ちでしょうが、

さすがは中国人。
彼らはこう考えました。

なぜ、下がったんだ。不動産代理店を抗議してやる!

で、10月22日にいくつかのマンション不動産会社に対して
抗議活動が起こりました。

その一角がこちらです。
75827bb4jw1dmdqwhod63j.jpg


不動産代理店の事務所が壊されてますね・・・
すさまじい。
74177cc7gw1dmd45o6o9dj.jpg

皆さん、こうした事件を見てどう思いますか?

「中国人は野蛮だ」
「中国人は頭が悪い」

そう思うかもしれません。

ただし、
中国では歴史的に身内や仲間から裏切られるような事件が多く起こっている
ので、自分の身は自分で守る考え方が根底にあるんです。

こうした何か自分に対して不利に働く事件が起こった時には
自分を正当化し、徹底的に戦おうとします。

今回の件も、
マンションを購入した住民からしたら、
マンション価格は経済成長とともに上がるはずなのに、
政府が作った余計な抑制策のせいで、価格が下がってるのが許せない!と
思っているのでしょう。
(反政府活動をすると捕まるのがオチなので、怒りの矛先が不動産会社に
 向かっているのだと思います)

中国高速鉄道の事件でもそうでしたが、
怒りの矛先は基本的には政府には向きません。
関係する企業や個人へ向くのが普通です。

中国でビジネスをする人へ
 ビジネス用語にはWIN-WINという言葉がありますが、
 中国でビジネスするのなら、関係する人達もWIN-WINから外さない
 工夫が必要かもしれません。

中国安徽省のある家が有り得ないことになっています。
こちらです。anhuijiali.jpgある

って、なに!?

家の上に高架橋が走っています。

しかも、この高架橋は・・・
あの噂の高速鉄道だからタチが悪い。

ここは安徽省の合肥にある「长丰县双墩镇双凤里小区」です。
家が出来始めるころには、高鉄の線路が走ることは全く知らなかったんですが、
突然、高鉄の線路が通ることになって、住民は困惑しているようです。

anhuijiali2.jpg

家の購入時は、1平米3,000元だったようですが、
今は4,100元まで上がってます。

ただ・・・

誰が好んで高速鉄道の下にある家を選ぶでしょうか。

住民は怒っています!!
1  2  3  4  5  6
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港