2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国出張・旅行(寧波) (3)

寧波に行ってきました その2」の続き。

公園を出て、
寧波の中心街、「天一広場」に向かいました。

モンリーの上海奮闘記

この日は天気が良いので、
この噴水がキレイに見えます。
モンリーの上海奮闘記

この日は液晶テレビや車のイベントを
やっていました。

まず、液晶テレビですが、
サムスン電子の液晶テレビのPRデモですね。

中心にはフィリピン人?のような女の子2人が
歌を歌って客寄せをしていました。モンリーの上海奮闘記

確かに客寄せ効果はあったようです。
百数十人ほどのお客さんがいました。

隣では
車の展示会をやっていました。
モンリーの上海奮闘記


これはホンダのアコードですね↑
赤色はカッコいい!

こちらもホンダの車です。

モンリーの上海奮闘記

少しピンボケしましたが、
こちらはFITに似ている中国車です。
この車はたった60万円ぐらいで売られているようです。
モンリーの上海奮闘記


こんな可愛らしい車もありました。
モンリーの上海奮闘記

展示会を出た後は、、、
すでに11時頃になっていました。。

お腹空きましたよね?
では食事に行きましょう!
モンリーの上海奮闘記

食事の場所までは歩くとしんどいので、
タクシーで行きます。
モンリーの上海奮闘記

タクシーに乗ってから
5分ほどで着きました。
モンリーの上海奮闘記

この店は、「老寧波」という店で
美味しい海鮮料理を食べられるようです。
(タクシーの運ちゃんから紹介してもらいました)
モンリーの上海奮闘記

まず、何を食べましょうか?
この展示してある中から選びます。
モンリーの上海奮闘記

さすが寧波です。
左下はすべて海鮮類ですよ!
モンリーの上海奮闘記

近寄ってみました。
真ん中はタナゴのような魚ですね。
モンリーの上海奮闘記

右下の赤い魚は金目鯛でしょうか。
モンリーの上海奮闘記


右がホタルイカ!
左は、たこのようですね。
モンリーの上海奮闘記

中国ではこのように素材が展示してあるんですよね。
この中から料理を選んで、作ってもらうというスタイルが
結構多いんです。

食べたいものが決まったら
いざ注文です。

まずは、枝豆きのこサラダを頼みました。
モンリーの上海奮闘記

枝豆は普通でした。(笑)
味が若干薄いような気も・・・
昨日食べた枝豆もそうでしたが、
寧波の枝豆は味が付いていません。

店員に塩をもってきてもらい、
塩をかけて、ようやく日本の枝豆のような味になりました。
(評価はこんな感じ↓)

<評価>:★★★☆☆

続いて、きのこサラダですが、
こっちは逆に塩味が効いていて美味しかったです。
味は、惣菜(そうざい)のような感じでした。
(評価はこんな感じ↓)

<評価>:★★★☆☆

続いて、
寧波の名物。
チンゲンサイを注文しました。
モンリーの上海奮闘記

寧波はチンゲンサイが有名なんです!

この料理は店員からも薦められました。
チンゲンサイとお餅を醤油で炒めています。
チンゲンサイを一口食べると、、、
じゅわ~ っと、醤油のスープが出てきます。
味が十分浸透していますね!

このチンゲンサイに、とろ~んとしたお餅が
一緒に入っていて、じゅわ~感
とろ~ん感が何とも言えないような食感に
なっていました。

<評価>:★★★★☆

さすがに名物だけありますね。
美味しかったです。

続いて、あさりの酒蒸しです。
モンリーの上海奮闘記

日本でも食べられる料理ですが、
寧波のアサリ料理は
ニンニク、ネギ、トウガラシの味で、
辛めの味付けでした!

<評価>:★★★★☆

日本人に合う味です。
酒のつまみにはピッタリですね。

続いて、
昨日に続いてホタルイカを注文しました。
モンリーの上海奮闘記

ホタルイカは昨日食べたものよりも
若干小さく、少なかった(苦笑)
でも、味付けはしょうゆ味で、いい感じに
なっていました。

<評価>:★★★★☆

さすがに昨日食べたホタルイカには
かないませんでした。
評価は1点落としています。

続いて・・・
かわはぎを注文しました。
モンリーの上海奮闘記

かわはぎは、醤油+砂糖の甘辛味付けに
なっていました。

実は少ししかありませんでしたが、
味付けは日本風ですね。
(やっぱりしょうゆ味は日本人に合います!)

<評価>:★★★☆☆

続いて、
お酒です!

お酒は、ビール、紹興酒といきましたが、
今回、面白いお酒を発見しました。

米酒です!
モンリーの上海奮闘記

原料は米。
米のお酒です。

つまり日本酒のようなものですね。

味は・・・

日本酒でした!(笑)
ただ、味が薄い!
日本酒に水を入れたような味付けでした。
まあ、日本酒の雰囲気は味わうことが出来ました。

<評価>:★★★☆☆

さて、そろそろバスの時間が近づいてきたので
この辺でお勘定しましょう。

※中国語で「お勘定!」という場合はこういいます
 ・お勘定の言い方

三人で250元ほど。
一人80元ぐらいでした。
日本円で1200元ほどなので
まあ安いですね。

さて、いよいよ帰宅の時間が近づいてきました・・・
駅へ向かいましょう。
モンリーの上海奮闘記

今回も帰りはバスです。
13:10発上海行きに乗りました。
モンリーの上海奮闘記

こちらがバスです。
モンリーの上海奮闘記

中はこんな感じです。
帰りのバスも人はいっぱいでした。
モンリーの上海奮闘記

さあ、帰りましょう。
モンリーの上海奮闘記


という事で、1泊2日の寧波旅行は終了。
何か特別な観光をしたわけでもなく、
ひたすら海鮮料理を食べていたという感じでした。

寧波は、緑がキレイで、中国には珍しく空気も美味しい!
環境面はホントに良いです。

それから、
やっぱり海鮮料理ですね!
海鮮料理はホントに美味しいので、
来る価値ありだと思います。

上海からはバスで3時間ほどで来れるので
頑張れば日帰りもOKです。

バスは寧波→上海は40分おき。
上海→寧波は5分おきにあります。
交通は便利です。

という事で全三回にわたる寧波旅行記でした。
 ・寧波に行ってきました
 ・寧波に行ってきました その2
 ・寧波に行ってきました その3

寧波に行ってきました」 の続き。

さて、食事の後はホテルでチェックインしました。
ホテルはこちら。
速8酒店」というメチャメチャ安いホテルです。

モンリーの上海奮闘記

部屋はこのようにワンルームです。
1泊198元。日本円でなんと!2970円です。安い!
モンリーの上海奮闘記

その日は、
疲れていたので、
夕食を軽く食べて就寝してしまいました。
(1日目は食事で終わってしまいました)

そして2日目。

朝8時に起きて、
ホテル近くを散歩しました。
モンリーの上海奮闘記

う~、お腹が空いてきたぞ・・・
レストランに入りましょう。
メチャメチャ小さいお店です。
モンリーの上海奮闘記

朝食は、天津包子(バオズ)です。
モンリーの上海奮闘記

天津は包子が本当に有名。
中に豚肉が入ってて味は
中華街で食べる豚まんそのもの。
とっても美味しいんです。

<評価>:★★★★☆

(4点です!)

続いてこちら。
おかゆです。
モンリーの上海奮闘記

個人的に、おかゆは
あまり好きではないんですが、
このおかゆは苦味(米の質?)があって美味しかったです。。。

<評価>:★★★☆☆

食事をした後は、
周辺を散歩しました。

目の前に、
骨董品屋さんを発見!
モンリーの上海奮闘記

色々骨董品を売っています
(多分、偽物だろうなぁ 苦笑)
モンリーの上海奮闘記

偽物だと思うので
買わずにひたすら見ていました。(笑)
モンリーの上海奮闘記


続いて・・・
10分ほど歩くと・・・
こんな場所を発見しました。
モンリーの上海奮闘記

何か有名な建物のようですね。
近づいてみましょう。モンリーの上海奮闘記

古いお寺のようですが・・・
ここは実は公園なんです。
モンリーの上海奮闘記

その門の下には
二胡を弾いているおじいちゃんがいました。

一見、プロっぽいそぶりがありますが、
このおじいちゃんは演奏家ではありません。
目の間にバケツを置いて、お金稼ぎをしているんです。
モンリーの上海奮闘記

その門をくぐると、
そこには・・・

変な獅子がいました。
しかもリボン付きで(笑)
モンリーの上海奮闘記

その先に、、、
歴史的建造物を期待しましたが、
普通の公園でした(残念)。
モンリーの上海奮闘記

緑がキレイだったので
しばらく歩いてみました。
モンリーの上海奮闘記

この通りを抜けると・・・
モンリーの上海奮闘記

こちらでも二胡を弾いているおじさんを
発見。
こちらは正真正銘の演奏会のようですね。
モンリーの上海奮闘記

公園で30分時間を過ごした後は、
また移動しました。
モンリーの上海奮闘記


すると・・・
面白い車を発見!
モンリーの上海奮闘記


実習」と中国語で書いてますね。
これは中国の初心者マークなんです。

その3へ続く・・・

4/25、26は1泊2日で「寧波」に行ってきました。

上海からは高速バスが走っているんですよね。

電車で行くと4時間弱。
高速バスなら3時間で行けます。

この高速バスは最近出来たんですよね。
上海と寧波には杭州港があるんですが、
この杭州港の上を「杭州港大橋」という大きな橋が出来たんです。
一応、この橋の全長は世界最長のようです。

ということで、
高速バスのチケットを買いましょう。
寧波行きのバスは上海南駅近くのバス乗り場に売っています。

モンリーの上海奮闘記

チケットは何かあった時の保険を含めて
99元でした (意外と高いのね 苦笑)。

まあ、日本円なら1500円ぐらいなので
日本と比べたら随分安いんですけどね。

とりあえず出発しましょう。
出発進行ー!
モンリーの上海奮闘記

バスに揺られて
1時間半・・・

ここはどこ?

途中でトイレ休憩が入りました。
モンリーの上海奮闘記

ここはその杭州港大橋の手前にある
パーキングです (中国にもパーキングはあるんですね)
モンリーの上海奮闘記

ここでトイレ休憩15分をはさんだ後、
寧波へ向かいました。

1時間半後に到着。
いよいよやって来ました。
ここが寧波です!
モンリーの上海奮闘記

寧波は、緑が多くて
街自体はものすごいキレイでした。
モンリーの上海奮闘記

中国の北の方は
砂ぼこりが多いんですが、
寧波は空気もキレイですね。

っと、寧波のタクシーを発見しました。
後部座席が少し狭く小型タクシーですが、
初乗りがたった8元で済みます(安い・・・)。
モンリーの上海奮闘記

基本的に緑が主流ですが、
こんなブルータイプのタクシーもありましたよ。
モンリーの上海奮闘記

今回はグリーンタクシーに乗りました。

さて、タクシーに乗って15分・・・

いよいよ目的地に着きました。モンリーの上海奮闘記

ここがどこか分かりますか?
モンリーの上海奮闘記

魚! 魚! 魚です!
とにかく大量に魚が並んでいますよ。
モンリーの上海奮闘記

そして、なんと! こちらにはカブトガニ
ありました。
モンリーの上海奮闘記


ひっくり返すと
こんな感じです。
いや~、グロテスクですね。(笑)
モンリーの上海奮闘記

さて、ここがどこか分かりましたか?
それではヒントをお見せしましょう。
モンリーの上海奮闘記

そうです!
レストランなんです。

寧波と言えば・・・
海鮮料理」です。
海沿いの港町で海鮮料理は本当に美味しいんです。
モンリーの上海奮闘記

まずは地ビールを注文。
このビールは「雪津」というビールで、
寧波の地ビールです。
モンリーの上海奮闘記

アルコールはたった1.9%しかありませんでした。
非常に飲みやすいビールです。

<評価>:★★★☆☆

そして、雪津は2本目です。
こっちの方がちょっと薄めの味でした。
モンリーの上海奮闘記

水みたいな感覚です。
お酒が苦手な人でも飲みやすいかと思います。

<評価>:★★★☆☆

さあ、海鮮行きましょうか。
まずは、カニっす。
ズワイガニです。
モンリーの上海奮闘記

生で食べました。
脇にある醤油もしくは酢で食べます。

果たして味は・・・



う~ん、、少し新鮮さが無いような
気がしました。まあ、まずまずの味です。

<評価>:★★★☆☆

続いてこいつです↓
モンリーの上海奮闘記

何だか分かりますか?
モンリーの上海奮闘記


しゃこ」です。
いや~、しゃこが中国で食べられるなんて
感動しました (私はしゃこ好きなんです)



<評価>:★★★★☆

美味です。
殻を取るのは面倒でしたが、(笑)
美味しかったです、本当。

続いて、
来ました。
私の大好物の1つ、
ホタルイカです。
モンリーの上海奮闘記

この黒いスープ
醤油味が本当に美味しいんです。

果たして味は・・・



<評価>:★★★★★

おおおお、、、、
美味い! メチャメチャ美味いっす!
うまいぞーーーー (味王のように)

感動しました。
本日、一番の味です。

醤油に砂糖、トウガラシが入っていて
甘辛いソースがGOODでした!
これにホタルイカが加わって・・・
ホタルイカ独特の苦さがマッチしていました。

久々の満点です。

さあ、続いてこちら
モンリーの上海奮闘記

カキです。
生カキを薦められましたが、さすがに生は怖かったので、
火を通してもらいました。

果たして味は・・・

<評価>:★★★★☆

これが不味いなんて事ないでしょう。(笑)
日本で食べるカキそのままでした。

そして、続いては
こちら、しらすの卵とじです。
モンリーの上海奮闘記

味はいかがか・・・



意外と美味い。
ただし、しらすの味は感じられませんでした。
う~ん、卵の味が強かったですね。

<評価>:★★★☆☆

最後はこちら。
チャーハンで閉めました。
モンリーの上海奮闘記


卵チャーハンですね。
やっぱり日本人の私には、
最後はお米を食べたくなって
しまいます。

味は・・・



<評価>:★★☆☆☆

う~ん、ちょっと厳しいか。
ここのチャーハンは
味が薄かったです。
塩を一振りかけたらちょうど良い味になりました。

先ほどのビールといい、
寧波は全体的に薄味料理が多いのかも
しれませんが・・・

という事で、まずは食事編でした。
続きはまた今度にでも。

続く・・・

1
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港