2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国グルメ【小龍包】 (9)

現在は休暇のため、日本へ帰国しゆっくりくつろいでいますが、(笑)
先週、デパ地下で食べた小龍包を紹介したいと思います。

小龍包と言っても、
焼き小龍包です。

中国では、焼き小龍包は、朝食等で一般的に食べられる
日本で言うところのおにぎりのような身近な食べ物なんですが、
我々日本人にはこの小龍包が美味しくてたまりません!!

今回行ったのは妻の実家周辺のデパ地下です。(笑)
P1080774.jpg

上海の普陀区にあるデパートで、
日本人はほとんどいません。(笑)

超ローカルデパートです。

でも、逆にローカルデパートだからこそ、
本当に中国人が食べているグルメを楽しむ事が出来ます。

さあ、こちらが焼き小龍包です。
P1080776.jpg

見た目は完全に餃子ですが、(笑)
焼き小龍包を表す、生煎という名前で
売られていたので、焼き小龍包なんでしょう!!

さあ、頂きます!(ゴクリッ)
P1080778.jpg

この焼き小龍包は外がカリッとしていて、
噛んだ瞬間にジューシーなスープが溢れ出てきます。

お酢をつけて食べるのがツウですね
P1080779.jpg

果たして味は・・・!?




これは・・・
文句無しに美味しいですね。

<評価>:★★★★★

焼き小龍包と言うと、生煎馆が有名ですが、
超ローカルな焼き小龍包もイケます!

こうした焼き小龍包は、出店でも売っているので
見つけたら食べてみてください。

上海の主要な観光地、
南京東路にもありますよ!

少し、都心から離れた場所、
上海駅の近くでも良く見かけます。

上海は本当にグルメの街。
美味しいものがたくさんありますね。

代表的なグルメ、小龍包一つとってみても、
小龍包以外に、「焼き小龍包」という
グルメがあるんですよね!


意外と知らない人が多いんですが、
こちらが有名店の小楊生煎館」です。 モンリーの上海奮闘記


元々「呉江路」にありましたが・・・

呉江路工事に伴い、お店は無くなってしまいました・・・

が!!
他の場所にもたくさんあるんですね。

こちら↓↓

上海にはこんなにたくさんあるんです。

大きな地図で見る


このお店の特徴は、
何といってもこの大きな鍋で焼き上げる
「焼き小龍包(生煎)」ですね。 モンリーの上海奮闘記


まずは奥の鍋で焼いて・・・ モンリーの上海奮闘記


焼きあがったら、手前の鍋に持ってきます。
これも一種のパフォーマンスなんだと思います。 モンリーの上海奮闘記


4個入りで5元です。
(値上がりしていなかったらです。) モンリーの上海奮闘記


こちらが焼き小龍包です。
まわりに焦げ目をつけて
焼くんですね。

外はカリカリ、
中はスープたっぷり
ジューシーで、かつ、ホカホカです。
出来立てを食べると火傷するぐらいの
熱さですが、とっても美味しいです。
<評価>:★★★★☆


小龍包に飽きたら、
たまには焼き小龍包を
食べてみるととっても新鮮です。


(上海情報はこちらから↓)
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

またまた人民広場近くの「佳家湯包」に行ってきました。
(前回の様子はこちら。「人民広場付近の人気小龍包屋さん


こちらが店内です。 モンリーの上海奮闘記


店内はかなり狭いです。
20人ぐらいの椅子しかありません。

本当に小さなお店ですね。


もしかすると、
小さなお店で入りづらいと
思うかもしれませんが、
小龍包(正確には汤包)の味はかなりイケるので
勇気を出して入ってみてください。

ちなみに私達以外(2人で行きました)にも
もう1組日本人っぽいグループがいましたよ。

日本人にも有名なお店なんです。


さあ、
今回は、
まず、豚肉小龍包を頼みました。

モンリーの上海奮闘記


この小龍包はオーソドックスな小龍包ですね。
味はいかがでしょうか。

食べてみましょう!

ここの小龍包は本当にスープたっぷりですね。
ひと噛みすると肉汁があふれます。

やっぱり美味しいなあ。
<評価>:★★★☆☆

続いて、こちらは蟹の小龍包でしょうか。
中に黄色のものが入っていますね。 モンリーの上海奮闘記


アップにしてみました。 モンリーの上海奮闘記


やっぱり何か入ってますね。
卵みたいですね。

味はどんな感じでしょうか。

おおお。
こっちの方がいけます。

蟹味噌?卵のような濃厚な味。
とろけますね~。。。


この小龍包は大正解!!!
久々の満点です。
<評価>:★★★★★


続いて、
こちらです。

またオーソドックスの色をしていますね。 モンリーの上海奮闘記


今度は海老です。
海老は、まあ、普通でした。

豚肉よりも美味しく、蟹にはかなわない
かなぁ。中間の味です。
<評価>:★★★★☆


ちなみにここの小龍包はこの女の子達の手作りなんです。
つまり、出来立てを食べられるんですね。
モンリーの上海奮闘記


長い時で、40分待たされました。(苦笑)
ただし新鮮の熱々小龍包が食べられますよ。

とてもお勧めのお店です。
11時開店で、
12時、13時、14時に行っても
常に並んでいますので、
11時開店を狙って、10時半ぐらいから
並ぶと良いと思います。


今回食べた小龍包は
なぜか、前回来たよりも美味しく
感じました。

たまたま作ってくれた女の子が
上手だったのかなぁ。
不思議です。

(上海情報はこちらから↓)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

昨日客先訪問の帰りに前から行きたかった
人民広場駅付近の小龍包屋さんに行ってみました。

こちらです、「佳家湯包」です。

モンリーの上海奮闘記

こちらがこの店のメニューです。

いたってシンプルです。
だって、小龍包とスープしかありませんから。(笑)
モンリーの上海奮闘記

今回は上から2つ目の「?仁?肉?包」を注文しました。
海老入りの湯包ですね。

ここで、「湯包」について説明しておきます。

厳密に言うと、「湯包」と「小龍包」は別物なんです。
(初めて見た人は一緒に思いますが)

湯包は、湯を包むと書いて、
小龍包よりも一回り大きく、
スープの味にこだわりを置いているんです。
小龍包よりもスープが多いと言われます。

今回食べるのは湯包です。

さあ、
お店の中で待つ事30分・・・

湯包がやってきました。
モンリーの上海奮闘記

って、思ったよりも小さい。

先ほど小龍包よりも大きいと言いましたが、
このサイズなら小龍包と同じサイズですね。

こうなると比較できませんね。
どっちが湯包で、どっちが小龍包なのか。

まあ、深くこだわっても仕方ないので
味をチェックしてみましょう。

湯包の食べ方は小龍包と同じ。

かじって、そこからスープを吸います。
モンリーの上海奮闘記


そして酢につけて食べます。

本来であれば生姜と酢につけて食べるんですが、
今回、生姜を頼み忘れました。(汗)
(1元でした)

これが悪影響を与えるのか・・・
味はいかがでしょうか!?



おおお。
肉汁たっぷりで美味しい。
このスープが何とも言えませんね。
海老は、中に見当たりませんが、
小さくすり身にしているんでしょうか。
海老の新鮮な香りがしてきます。

<評価>:★★★★☆

4つ星評価です!

ただ個人的には威寧路のお店の方が
いいかなぁ。豚肉の香りが強くて
本当の意味での小龍包という味でした。
(海老を頼んだせいか・・・!?)

お店の場所はこちらです。
国際飯店の脇の小さな道を進んでください。

大きな地図で見る

(ブログ村へ続きます)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

こちらが中国のワンタン。
馄饨(Hun2Tun4)といいます。

モンリーの上海奮闘記

私が大好きな上海料理の1つです。

ワンタンの皮が厚いんですよね!

豚背油+しょうがでグツグツ煮込んで
作ったスープも絶品です!

あっさりして、適度な量なので
朝食に最適!
土日の朝食は、馄饨+小龍包という
組み合わせが多いんですね。

上海に来たら是非食べてみて!

美味しいですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

1  2
 
モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港