2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海で結婚式 その4 結婚儀式編

上海で結婚式 その3 彼女の家訪問編」の続きです。


さあ、彼女の家に着きました。


階段を登っていくと・・・
なんと!


私が彼女の家に入るのを
とめる刺客がいるんですね!

この刺客は、彼女の友達だったり、
親戚の子供だったりします。

かなり手ごわいんです。

1人目の刺客は・・・
なんと!

親戚の子供です!
お小遣いをくれ!と。(笑)

このお小遣いは、「紅包(Hong2 Bao1)」」と言って、
中国のご祝儀袋があるんですが、
そのご祝儀袋を渡さなきゃいけないんです。

私も事前に10元入りの紅包を20個、
20元入りの紅包を10個用意しておきました。

この子供には、
10元の紅包をあげました。

わーい、わーい。
と、メチャメチャ喜んで、
その場を去っていきました。(笑)


で、彼女の玄関に着くと、
今度は家に入れてくれないんです。

モンリーの上海奮闘記


で、、、

とんでもないことを、
言われました。


玄関先で・・・

なんと!

愛の歌を歌えと!(笑)


しかも中国語で・・・(笑)

中国語の・・・・

愛の歌・・・・?


歌えん。
歌えんっすよーーー。(苦笑)

どうしよう・・・
悩み、悩みましたが、、、

愛の歌はよく分からん。

どうするか・・・

ん!?

まてよ・・・

いくか・・・


あれで勝負するか!


私が歌った歌は・・・


なんと!

「あんなこといいなぁ~」
「できたらいいなぁ~」

の、

ドラえもん」の歌です。(笑)
中国ではドラえもん有名だし、
まあ、どうでもいいさぁ。
とりあえず歌っておこう。


すると・・・
ドアが開きました。(笑)
(うそ~ん)

ド、ドラえもんでも
良かったのね。


続いて、
彼女のいる部屋に向かいますが・・・

彼女の姉貴が邪魔をしてきます。
ドアをあけてくれないんですよね。

姉: 「一生奥さんを大事にするよね?」
私: 「はい」
姉: 「家では誰が家事をするのかなぁ?」
私: 「え・・・ と・・
    共同かなぁ。」
姉: 「え? なんだって?」
私: 「は、はい。
    わ、私です。(苦笑)」
姉: 「お金は誰が管理するのかなぁ?」
私: 「え? え、えっと・・・
    お、奥様です。(苦笑)」
姉: 「私は良いお姉さんでしょ?」
私: 「す、すばらしい、
    お姉さまです!!」
姉: 「よし、今からそれを復唱しなさい」

伴郎: 「今だ! 押せーーーー!!!
姉: 「あぁぁぁ、だめ~~。」


伴郎が頑張ってくれて、
強引に部屋のドアを開けました。
(ラッキー!)


そして・・・
そこには奥様が。
ウェディングドレスを着て待っていました。

おおおお。

我ながら
素晴らしい!!

で、奥様に手に持ってた花を渡して、
プロポーズの言葉」を。
恥ずかしいのでここでは紹介しません。(笑)


で、次に部屋の中央にやってきました。
これです。

モンリーの上海奮闘記


これは、結婚式の時に必ず飲む
甜汤 Tian2 Tang1 」といいます。


これは結婚後の生活が
甘くて良いものになりますように」、
という意味で、飲むんですよね。


これを、
一気飲みするんですよね。
(うそ!?)

一気!一気!一気!

って、
なんでやねん。

冗談です。


少しずつ飲みます。(笑)

実は、中に豆のようなものがあって、
奥様は、豆を食べて・・・
種を外に吐き出すんです。


その種は新郎が
一生保管するんですよね。

私は今でも持ってます。
無くしたら「許さん!」と
言われてますので。(笑)


そして、
お父さん、お母さんから
それぞれ紅包(ご祝儀)をもらいました。

お父さん、お母さんは感極まって
泣いていました。
(私も少しもらい泣き)


で、お母さんから、
「頼むよ。一生守ってと。」

言われたので、


私: 「も、もちろん。
    任せんしゃい。
    がってんだぁーー!」
と答えました。


で、、、、
これで、
一通りの儀式は終わりです。

ふぅ~。 モンリーの上海奮闘記


その後は、家で普通に食事をして、
1時間後に部屋を出ることになりました。 モンリーの上海奮闘記


手をつないで・・・

外に出ると

モンリーの上海奮闘記


来ました!
またまた爆竹です。(笑)

 モンリーの上海奮闘記


ごめ~ん。
近所のみなさ~ん!

これ、かなりうるさいんです。

耳をふさぎたかったんですが、
カメラマンが
「新郎が奥さんの耳をふさぐしぐさを見たい」
だなんて、言うから、

私の手は奥さんの耳へ・・・
3Mぐらいの距離にある爆竹を
フルボリュームで聞きました。

アガガガガ・・・

耳が壊れる・・・・


そして、、、
最後の儀式です。
それは、とっても大切な儀式です。


この赤い靴を、モンリーの上海奮闘記

お母さんが彼女に穿かせるんです。
 
モンリーの上海奮闘記


彼女がこの家を巣立つ時なんですね・・・

最後の別れです。
お母さん泣いてました・・・(涙)


そして、車に乗って、
次の目的地に向かいます。


続く・・・


(関連サイト)
上海で結婚式その1 婚車編
上海で結婚式その2 婚車移動編
上海で結婚式その3 彼女の家訪問編
上海で結婚式その4 結婚儀式編
上海で結婚式その5 ホテル編
上海で結婚式その6 結婚式編



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海で結婚式 その4 結婚儀式編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/364

コメント(6)

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:

うおづです。

いろんな儀式があるんですね。
私は未体験ですが・・・・。

でも、結婚後初めて老婆の実家に行って、その時初めて両親にあったわけですが、何日か後に日本に帰る時に「家を巣立つ時」なのか、お母さんは号泣でした。お父さんはわざわざ駅まで送りに来てくれました。

モンリーさんとは、中国にいる、日本にいるは違いますが同じ境遇ですね。

モンリーさんも老婆を大事にしてくださいね!!

TITLE: 2 ■私もすべて初体験です
SECRET: 0
PASS:
>うおづさん

私も全て初体験でした。
何も分からず、かなり苦戦しましたが・・・

中国では家族間の付き合い、絆が強いですよね。帰国時に号泣した理由は分かる気がします。
私の奥様を1度日本につれてきたことがあるんですが
その時も両親が見送りのために空港まで来て
いました。たかが旅行なんですけどね。
家族の絆って強いなぁと思いました。
お互いに奥様大切にしましょう。

|д`) :

TITLE: 3 ■無題
SECRET: 0
PASS:
スペインだったかな?TVで情熱的なプロポーズの仕方してました。歌歌って彼女がオーケーなら窓を開けて返事をする…中国も凄いですね、日本人にゃ抵抗が(汗)
でも一生共にする覚悟ならこれくらい屁のかっぱじゃないとね(笑)

TITLE: 4 ■確かにロマンチックかも
SECRET: 0
PASS:
>д`)さん

スペインは噂で聞いたことあります。
かなり情熱的、熱狂的だとか。。。
今思えば中国もそれに匹敵しますね。
ロマンチックといえばロマンチックかも。
でもやっぱり恥ずかしい・・・・

TITLE: 5 ■素敵ぃヽ(*´ω`)ノ
SECRET: 0
PASS:
そういう伝統的なこと...(´ω `*)

大事にしてこそ結婚...(´ω `*)

TITLE: 6 ■確かに
SECRET: 0
PASS:
>香月さん

中国人の中では、
この準備&儀式をもう1度やりたくないので、
(かなり大変) 離婚しない夫婦も
いるようです。(苦笑)

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港