2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

小龍包の食べ方

みなさん、小龍包ってどうやって食べますか?

いきなり、
ひとくちでかじりつく! (熱そう・・・ 苦笑)

突っつきながら食べる! (なんでやねん)

ぐるぐる回しながら食べる! (抹茶じゃないんやから)

小龍包は上海の代表料理ですが、
意外と食べ方を知らない日本人が多いので、
みなさんに紹介したいと思います。

私がこよなく愛する小龍包は、
茅台路(マオタイルー)と、威寧路(ウェイニンルオー)近くにある
「姑蘇人家」です。
(詳細はこちら。上海の安くて美味しい小龍包屋さん

ここの老板(ボス)とは既に顔なじみになっています。
いわゆる私は老客人(なじみ客)ですね。

さあ、この日も小龍包を注文しました。
8個入りでなんと!5元です。

モンリーの上海奮闘記

まず、小龍包を食べる前に
タレを準備します。

タレは酢です。
モンリーの上海奮闘記

本場の小龍包は酢で食べるんですね!

日本だったら醤油だと思いますが
中国は酢なんですね。
(ちなみに餃子も酢で食べます。)

まず、小龍包を
たっぷり酢の中につけて・・・

続いて、小龍包をれんげの上に載せます。
モンリーの上海奮闘記

一口で食べたいところですが、
出来立ての小龍包は熱々で
口の中をやけどしてしまいますので、
このように食べます↓↓

まず、一口かじります。
モンリーの上海奮闘記


かじってみると、
中に肉汁がたっぷり入ってるんですね。

その肉汁をチューチュー吸うんです!
(音を立てなくても良いですが 笑)

吸って、肉汁が無くなったら
口元に運んで、一口で食べます!

肉汁=熱いので、
肉汁が無くなった小龍包は
一口で食べられます。

また、れんげの上に置いて食べるので、
小龍包の美味しいスープはこぼさずに
れんげの上に残ってます。

最後にスープをすすって
おしまい。

効率的で、やけどをしない、
これが本場の食べ方です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小龍包の食べ方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/419

コメント(4)

hiro-ono :

TITLE: 1 ■これって…
SECRET: 0
PASS:
もしかして、あのお店ですか!!!!

4月にはおいしい小龍包食べに行きます!

TITLE: 2 ■そうです!
SECRET: 0
PASS:
>hiro-onoさん

そうですよ!
例のあの店です。
結局、品切れだったのは
あの日だけ。
普段は普通に食べられますね。

展展 :

TITLE: 3 ■生姜は・・・?
SECRET: 0
PASS:
おいしそうですね!
いつも口の中をやけどしながら食べていましたが
今度からこうします。
ちなみに私は台湾系のお店しか行ったことがないのですが、ここのお店には生姜は無いのでしょうか?
生姜も一緒にいただくとおいしいですよ!!

TITLE: 4 ■生姜は言えば出てきますね
SECRET: 0
PASS:
>展展さん

生姜は置いてないんですね。
でも、小さなお店なので
言えば出てきます。
そういう融通がきくのも小さい店の
メリットです。
私も生姜は好きです。
生姜と酢で食べると、
すっぱい&辛いで
小龍包の味が引き立ちますね。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港