2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

国際結婚 中国人妻の在留資格申請 ヨーイドン!

結婚して1年半経ちましたが、、、
ようやく奥さんの在留資格を取ることにしました。

在留資格とは、
いわゆる日本の滞在ビザですね。

ビザと言えば、うちの奥さんは
中国から日本に1年間、90日滞在できる同伴ビザを持っているんですが、
2011年7月に切れるんですよね。

その後は同伴ビザではなくて、日本へ基本的に自由に行き来出来て、
90日以上滞在できるビザを取ろうと思い始めました。

この先、拠点が日本になるかも。
という事を想定してです。

そのためには・・・

最初に「在留資格認定証明書」が必要になります。

これが結構面倒・・・・
必要な書類はと言うと・・・

かなりたくさんあります。(苦笑)

・在留資格認定証明書交付申請書
・写真2枚(3×4)
・パスポート(コピーでいい?)
・身元保証書
・身元保証人の在職証明書
・身元保証人の年間所得および納税額証明
(住民税課税証明書、所得税納税証明書、源泉徴収票、確定申告書の写しのいずれか一通)
・返信用封筒
(定型封筒に宛先を明記の上、430円切手を貼ったもの)
・日本人配偶者の戸籍謄本
・配偶者の世帯全員分の住民票
・写真数枚
・質問書

正規の書類だけでこんなにあるんです。(苦笑)

この中で一番やっかいなのが一番最後の質問書です。
たくさんの質問にA4 8枚ほどあります。(苦笑)

回答作りに時間がかかる質問は・・・

・出会ってから結婚までの経緯
 ※過去にビザ申請した時と矛盾があっては駄目なので、
  過去資料をチェックしました。

・出会ってから中国に渡航した回数とその渡航日
 ※調べるのが結構大変です。(苦笑) パスポートのスタンプを
  集計しました。

・結婚式参加者の人数
 ※過去の出席者リストからひたすら数を数えました。(苦笑)

・双方の家族構成(名前、年齢、住所、電話番号)
 ※さすがに相手方の姉の電話番号までおさえてないよなぁ。。。

少しずつ作ってます。。。

次回以降、このブログでも書き方の説明をしていくので参考にしてください。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際結婚 中国人妻の在留資格申請 ヨーイドン!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/570

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港