2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

恐怖!? 上海での健康診断その2

恐怖!? 上海での健康診断その1」の続きです。 

検索エンジン等で直接このページにたどり着いた人は
 「その1」から見ると内容が分かります。 

さあ、上海での健康診断。

外科が終わって次は「採血」です。

採血は・・・
少し変わった場所でやりました。

「こちらに来てください」
と呼ばれて行った場所は
なんと!診療所の窓口の前。

おいおい、 ウソでしょう。。(苦笑)
こんなところで採血するの?

まあ、 これまでの驚きに比べたら
ちっぽけな驚き。

こんな事じゃ動じませんよ。

しばらくして、、
奥から若い看護婦さんがやってきました。
注射器持ってます。 

という事で採血スタートです。

腕を消毒して・・・
注射器を当てて・・・
チクッ。

むむ!?

結構痛い・・・。(苦笑)

まあ、大人なので、
我慢しなきゃ(笑) 

しばらくすると・・・
試験管のようなものに血を一本吸い取りました。。。

ふぅ~、 やっと終わった・・・ 一安心。
と思ったその時です。

看護婦から、
「じゃあ、もう1本いっとく?」

え!?

何で2本も?

なぜか2本吸い取りました。

ふぅ~、 やっと終わった・・・ 一安心。

看護婦:「もう1本いっとく?」

え!?

ま、また?
ってことで、
なぜか、合計3本吸い取られました。。

すっかりゲッソリです。。。。
最後の注射器を抜き取る時です・・・

チクッ

あわわ!!!

けっこう痛い。。。

失敗!?
未だにあとが残ってます。。。。


で、続いて「超音波」です。
中国語で「B超」と言います。

ベッドの上に寝かされて、、
 内臓の状態を見られました。
(きゃぁ、恥ずかしい)

私の内臓は・・・
どうだったのか・・・・

診断結果は・・・
脂肪肝!

ありゃりゃ。。。。
いかん。

こっちに来てから 食べ過ぎ。。。
太った気がしたのよね。。。
やっぱり運動しなきゃ。(汗)

 で、次は「視力検査」です。

今回の検査員は年配の女医さんでした。 
視力検査の方法は基本的に 日本と同じ。

まず、右目から測定。
左目に器具を当ててから
C記号の向きを答えていくんですが、
ちょっと変わった先生でした。

女医:「これはどっち向き?」
右!

女医:「これ!」
左!

女医:「じゃあ、これは?」
下!

女医:「え? 下じゃないでしょ?」

え!?
じゃあ、、、右!
女医:「そうだ、そうだ」
え?(笑)
(な、なんだこの視力検査・・・)

女医:「これは?」
 上!
女医:「ん~~~」

ま、間違えた、 下!

女医:「ん!?」
あ、右!

女医:「そうそうそう」
女医:「目がいいのね~。」
1.0!

って、適当だぁ・・・(笑)

続いて 同じように左目を検査した結果、
0.8でした。
なんていう 適当な検査なんじゃ。。。

続いて、
いきなり年配の女医が 私に近づいてきました・・・
近づいて・・・
近づいて・・・
ものすごい近づいてきました。

その距離5cmぐらい。

わわわっ・・・
き、キスされそう。
わ~! やめて~!と声を出した瞬間・・・

女医から一言
瞳孔検査」だよ (ニッコリ)

って。。。。
 どうやら、ライトの光を当てて 瞳孔の状態を
見ているようです。。。
危うくキスされるのかと 思いました・・・(汗)

次回へ続く・・・

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 恐怖!? 上海での健康診断その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/318

コメント(2)

|д`) :

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:
日本でも(日本にしか居ませんが)目の検査、見えなくて勘で答えると「え?」と聞き返されるので違うんだなと思い言いなおすと「はい、そうね」と言われます(^^)ね
心電図、動きが鈍いので30秒じゃ死んでるなんて思われそう(笑)

TITLE: 2 ■日本も一緒?
SECRET: 0
PASS:
>|д`)さん

日本にも診察な病院があるんですね。
言い直しができるなんて。。。

心電図はメチャメチャ早かったです。
本当に図れてるのかいな?と
思いましたが、OKですね。と言ってたので
大丈夫かと思います。
まあ、いずれにしても怪しいですけど。笑

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港