2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国移動 携帯電話のチャージ方法


中国の携帯電話は基本的にチャージ式なんです。
先にお金をチャージして、それからその金額範囲内で使用できるんですよね。


このチャージの方法は少し複雑なので、ブログで紹介する事にします。

まず、チャージするにはチャージ用のカードが必要です。
チャージ用のカードは道端の露店(外に出てる雑誌、新聞屋さん)や
ローソン等で買う事ができます。こちら↓


購入する場合は、
我要移动充值卡
 wo(3) yao(4) yi(3) dong(4) chong(1) zhi(2) ka(3)

と言えばOKです。


すると、大抵は「いくら分買うの?」と聞いてくるので、
100元、200元等と欲しい金額を答えてください。


カードを購入すると、裏面の銀紙部分を削ってください。
ここにはパスワードが書いてあります。 09 1665・・・ がそうです。


このパスワードを使用して金額チャージをします。
では、実際にチャージしてみましょう。

<チャージ方法>
1. 13800138000に電話してください。
   こちらが中国移動のチャージ用番号です。

2. チャージサービスの音声ガイド言語について確認を求めてきます。
   ここでは言語を中国語か、英語で選びます。
   中国語なら「1」を、英語なら「2」を押してください。

3. 次にサービス内容確認メッセージが流れるので、
   「2」を押してください。(2は金額チャージのサービスです)

4. 次にチャージする電話番号を入れてください。
   例)1311111111 等
   電話番号の最後には必ずシャープ(#)を押してください。

5. その後、電話番号の確認メッセージが流れます。
   正しければ「1」を押してください。

6. 次にいよいよパスワードを入れます。
   銀紙部分を削ったあの情報を入れてください。
   最後にシャープ(#)を押します。

7. その後、「成功!(チェンゴン)」と
   音声メッセージが流れたら成功です。

8. しばらくすると、チャージ完了のメールが
   届きます。

これでチャージ完了です。
チャージした金額分の電話を利用できます。


<残高照会>
携帯の現在の残高を調べる方法を教えます。
意外と知らない人が多いんですが、「10086」宛に、
「YECX」と書いたショーとメッセージを送るだけで良いんです。

しばらくすると残高の情報が自動返信されます。
金額が書いてあるので確認してみてください。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国移動 携帯電話のチャージ方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/186

コメント(4)

新世界住人 :

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:
なるほどー。以前、東京の中国雑貨屋で買い物した時に、
おまけで貰ったテレホンカードの使い方がやっと分かりました!!

・・・って、中国の携帯電話もって無いから意味無いじゃん!

TITLE: 2 ■テレホンカードですか。
SECRET: 0
PASS:
こんにちは、
テレホンカードを買ったんですね!
しかも日本で買ったんですね。(笑)

そのカードはチャージカードじゃなくて、
もしかすると本当のテレホンカードかも
しれませんね。
本当のテレホンカードなら、電話ボックスで
使えますよ。

新世界住人 :

TITLE: 3 ■電話カード
SECRET: 0
PASS:
買ったのではなく、貰ったんですよー。

中国雑貨屋と言っても、中華街のようなのではなく、在日中国人のためのお店。
お店で働いているのも中国人で、日本語は通じないと言うスゴいお店です。

そこで、勉強用の中国ドラマのDVDを買ったら、おまけでタダでくれたんです。

今、改めて確認しましたが、裏に、銀色の削る所が付いていて、
「不能挿入磁カ(上+下)式公用電話機」と書いてあるので、
テレホンカードではなく、チャージ用のカードか、KDDIの国際電話カード
みたいなもののどちらかだと思います。

TITLE: 4 ■中国人街
SECRET: 0
PASS:
中国人街は知ってますよ。o(^-^)o
行ったことはありませんが中国人の生活拠点に
なってると聞いた事があります。
中国語しか通用しない・・・ とはすごいですね。
今は上海で生活してますが日本語しか通用しない場所なんて無いですよ。(苦笑)
削るところがあると言うと、チャージ式カードの可能性大ですね。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港