2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

沖縄新婚旅行 その5

残場岬の次は、近くの「万座毛」に
向かいました。


ここは中国人観光客には
かなり有名な場所なんです。


実際に中国人旅行団(広州)に
遭遇しました。


また、中国サイトの掲示板にも
沖縄観光→「万座毛」というほど
大量の書き込みがあります。


さあ、万座毛につきました。
こちらが万座毛の看板です。 モンリーの上海奮闘記


で、、
こちらが噂の万座毛です!! モンリーの上海奮闘記


とっても素敵な形していますよね。
かつての琉球王もこの地形が好きだったとの
ことです。


海を覗くと・・・

うわぁ~!!
キレイなサンゴ礁が見えますね。 モンリーの上海奮闘記


万座毛は公園のようになっていて、
断崖絶壁の景色を楽しむことが出来ます。 モンリーの上海奮闘記


断崖絶壁の岩の近くには
海水浴場もあります。 モンリーの上海奮闘記


夏場だったら
泳ぎたいですね。

この日は気温23℃ほどありましたが、
さすがに泳いでいる人はゼロです。(笑)
(当たり前か、12月なので)


万座毛はこの辺にして・・・
さあ、続いてやってきたのは
マングローブの木が見れる慶佐次湾のヒルギ林です。

万座毛から車で1時間ほどで来ることができます。 モンリーの上海奮闘記


こちらのヒルギ林は、
川底に根を張っているんですよね。 モンリーの上海奮闘記


川底に生えている木なんです。 モンリーの上海奮闘記


こちらもヒルギの木ですね。 モンリーの上海奮闘記


慶佐次湾のヒルギ林は、ハイキングコースのようになっていて
歩いてヒルギ林を見ることが出来ます。 モンリーの上海奮闘記


中国から来た奥様は、
こんなに空気がきれいなの~!?
木の香りが素敵!!
と感激していました。

確かに木々の良い香りが
しますね。

少し進むと・・・
カヤックで遊んでいる子供たちが見えてきました。

モンリーの上海奮闘記


どうやら修学旅行生のようですね。
この森でキャンプをするために訪れているようです。

カヤックは正直やってみたかったですが、
中国人の奥様が日本語で「ダ~メ!ダ~メ!!」と。
(日本語は基本的にNGですが、
 こういう簡単な日本語は話せます)
危ないからダメみたいですね

ということで、この日の冒険は終了。
ホテルへ行きました。

今回泊まったホテルは沖縄なのに、
名前が「東京第一ホテル」という東京の香りがする
ビジネスホテルです。(笑)

モンリーの上海奮闘記


部屋はまあまあ広いですね。
ゆったり出来る空間です。

モンリーの上海奮闘記


ただ・・・
ハネムーンに使うホテルかというと・・・

う~んん。。。。
ちょっと違うか。

夕方は、日の入りを見に再び海へ・・・ モンリーの上海奮闘記


日の入りの瞬間を見ることが出来ました。

モンリーの上海奮闘記


ああ。。。。
もうすぐ沈む~。 モンリーの上海奮闘記


完全に沈みました。

モンリーの上海奮闘記


この間、たった10分でした。
冬の太陽は沈むのが早い感じです。


次回へ続く・・・


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄新婚旅行 その5

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/384

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港