2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

コカコーラが風邪に効く?

夏場にエアコンを付けたせいで、
少し風邪を引きました。。
(う~、のどが痛い・・・)


この時期の風邪は少し怖いですね。

幸い熱は出ていないので
まあ大丈夫だと思いますが。


それはそうと、
コカコーラが風邪に効くって事知っていますか?

現地の中国人スタッフから聞きました。


実は・・・
コカコーラ社は元々薬品メーカーで、
薬を作ろうと思っていたそうです。


そしたら、失敗作として
コーラができたようです。

その失敗作を飲んでみたら、
メチャメチャ美味しい!

という事で、
コカコーラとして売り出すようになったようです。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コカコーラが風邪に効く?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/281

コメント(4)

とらい :

TITLE: 1 ■コカコーラ
SECRET: 0
PASS:
コカコーラはアメリカのジョージア州アトランタにて
薬剤師のジョン・ペンバートンによって開発されました。

コカの葉に含まれる沈痛成分に着目し、
頭痛に効く風邪薬として「コカコーラ」を発売。

後に、ペンバートンが、実業家のキャンドラーに
調合の秘密と販売権をたった2400ドルで売って、
キャンドラーが優良企業に育て上げる。

キャンドラーの死後に、遺族により、
財閥のウッドラフ家に販売権が売られる。

ウッドラフ家のロバートが6本パックのまとめ売りを開始したり、
第二次世界大戦の際に全世界の米兵に、
コカコーラをアメリカ国内と同様に5セントで販売する事を、
時の大統領のルーズベルトに約束する。
その結果、コカコーラの認知度が世界的に上がる。

これがざっとしたコカコーラが開発されてから、
世界的に有名になるまでのお話。

という訳で、コカコーラが薬だった話は本当。

TITLE: 2 ■よく知っていますね!
SECRET: 0
PASS:
>とらいさん

おおおお!
すごい、私の知らない情報がたくさん。。。
さすがにアメリカに住んでいるだけありますね。
良く知っています!

元々の開発者はベンバートンですか。
販売権をたった2400ドルで売るなんて、
昔の2400ドルは今の価値どのぐらい
だったのでしょうかね。
いずれにしても今頃後悔しているのでは・・・

とらい :

TITLE: 3 ■だって
SECRET: 0
PASS:
僕が住んでいるの、アトランタですもん。
しかも、僕の職業はガイドですもん。

アトランタには
コカコーラ博物館があるんですよぉ。

ちなみにコカコーラが
最初に発売されたのは1886年。
ペンバートンは売却して数年で死んでます。

当時の2400ドルって、
今の価値で300万円くらいらしいですよ。

TITLE: 4 ■ガイドの豆知識ですね。
SECRET: 0
PASS:
そうかぁ。
ガイドですもんね!
こういう豆知識を語れるガイドさんは、観光客から
喜ばれますよね。

自分もコーラがもともと薬だった、ということを
知ってから、風邪を引いたらコーラを飲むようにしてます。
コーラを飲むと治りが早い気がしますよ。
(気持ちの問題かもしれませんけど)

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港