2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国高速鉄道の問題は安全面だけではなかった

色々と話題になっている中国高速鉄道ですが、
実は問題になっているのは安全面だけではなかったんです。

大きく2つの問題があります。

それは・・・



1つ目、駅の問題。

実は、高速鉄道 高鉄は、他の列車と違って、
高速鉄道用に駅を作ってるケースが多いんです。
 
既存駅のスペースが足りなくなっていることもありますが、
一番の理由は騒音です。
 
列車が走るとかなりウルサイので、
市内から離れたど田舎に作ることが多いんです。

だから・・・
高鉄に乗って駅に着いても、
タクシーも捕まらず、バスも止まらず、市内に行くにもものすごい大変。
 
北京、上海のような大都市なら良いですが、
中間停車駅で降りた場合には悲劇が待ってます。
駅に着いたはいいけど、そこから先の移動が出来ないケースが多いんです。

事前にタクシーを予約しておくか、
車の手配をしておいた方が無難です!


もう1つは・・・


トイレの問題。

高速鉄道のような最先端技術の車両が導入されても
その停車駅にトイレがない場合があるんです。

例えば、山東省にある泰安駅。
ここはひどいです。駅の中には全くトイレがありません。

こうした駅が他にもあるようなので、
トイレは高速鉄道の中で済ませるなりをしておいた方が安全です。

【高速鉄道に乗ってきました】



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国高速鉄道の問題は安全面だけではなかった

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/609

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港