2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国のipad、PC関税その後・・・

10秒でココロをつかむ中国語講座でもお伝えした
中国へのipad、PC持ち込みに関税がかかる問題ですが・・・
(詳細はこちら:中国持込み品(ipad、PC)の関税に注意

12月19日の時点では、上海-日本便はまだ行われていない
ようです。

日中間を往復しているipad持参者、PC2台持参者から
聞いた情報ですが、特別な検査や没収等は何も無かった
とのことです。

上海はビジネスに悪影響を与えてしまうので
しばらく様子見段階にあるようですね。

噂によると、アメリカ-上海便はチェックの対象に
なるという情報もあります。
あと、深セン-海外便もチェックをし始めたという
情報もあります。

引き続き情報が分かり次第、お伝えしていきたいと
思います。

それにしても・・・
本当に困りましたね・・・(苦笑)
外国人はあくまで一時滞在に過ぎないので、
持込物規制は対象外にして欲しいですね・・・

(追伸) 2010/12/23時点の情報です
 なんと! つかまった人が出てしまいました・・・
 私の知り合いの会社の中国人で、
 PC、カメラ、携帯電話等で、総額数万円規模の
 関税を要求されたようです。
 ただし、今のところ日本人で関税を取られたという話は
 聞いていません。

 そもそも今回の規制が生まれたキッカケは、中国人が電化製品を価格の安い
 海外で(例:秋葉原)大量に購入し、国内に持ち込んだ後、タオバオ等の
 インターネット網を活用し安く販売しているために、国内のマーケットが
 競争力をなくしてしまった事が原因です。
 通常、輸入業を営んでいる会社は、海外からの持ち込み品に関税が
 かかるのは当たり前ですが、今回の施策はその対象を個人輸入者、個人
 利用者にも広げてしまったのです。
 自分で使う電化製品に関税なんかかけないで欲しいが本音ですが、
 そこは中国・・・ 法の抜け道を作ってしまうと、皆がそこを突破してしまう事を
 恐れ、抜け道のない完璧な法律を作ってしまったのです。

 今のところは中国人をターゲットにしているようですが、法律の対象には
 外国人も含まれているようですので、いつ規制の対象になるのか
 油断できませんね。
 継続ウォッチしていきたいと思います。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国のipad、PC関税その後・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/543

コメント(4)

TITLE: 1 ■気にはなってた
SECRET: 0
PASS:
旦那の仕事の関係上パソコン2台あった方が
効率も良く小型PCの購入も考えていた
矢先でした。
たとえば パソコン2台 、ipad1台、iphone1台
普通の携帯1台となるとどうなるの?

TITLE: 2 ■持って行くと・・・
SECRET: 0
PASS:
>とんこさん

今ならまだ大丈夫だと思いますが、
今後中国では規制を強化すると思いますので、、
恐ろしい額の関税が取られちゃいますね・・・
怖い・・ やめてほしい

HIRO-ONO :

TITLE: 3 ■成田→大連は
SECRET: 0
PASS:
12/27には問題ありませんでした。
はたして1月はどうなっているのか…。

本当、やめてほしいな…。

TITLE: 4 ■Re:成田→大連は
SECRET: 0
PASS:
>HIRO-ONOさん

大連はまだセーフでしたか。
北方面は政治的な力が強いのでやられる可能性ありかと思います。
何か、状況変わったら教えてくださーい。
大連寒そうですね。体調に気をつけて。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港