2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

馄饨(ワンタン)作りました

餃子と言ったら、
日本は焼き餃子が大半ですが、中国では北は水餃子・・・

上海は馄饨(フントゥン)を食べます。

馄饨とは・・・

日本で言うところのワンタンですね。

皮は薄く、中の具も少なめ、
スープは酸味や辛みが混じっている中華風の味付けで、
とてもおいしいんですよね。

週末、時間があったので家で馄饨を作ってみました。
huntun.jpg


馄饨というよりも、かなり大型の水餃子になってしまいましたが、
全部で54個作りました。
もちろん一度にこれ全部は食べません。(笑)

冷凍して、少しずつ食べていきます。

馄饨のポイントとなるスープの作り方を書いておきます。
(我が家のレシピです)

【1人前】
・わかめ
・酢(おおさじ1杯)
・豆板醤(おおさじ1杯)
・塩(こさじ1杯)
・お湯(どんぶり4分の3ぐらい)
・鶏がらスープの素(小さじ1杯)

馄饨を茹でるのと、スープ作りは別で行います。
(茹で汁でスープは作りません)

ポイントは酢と豆板醤ですね。
酸っぱく辛いスープが出来上がります。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 馄饨(ワンタン)作りました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/645

コメント(8)

mingyan :

モンリーさん、こんにちは。

おいしそうですね♪

モンリーさんのおっしゃる通り、日本の餃子は焼くのが前提なので
皮を買って来ても薄いので、煮炊きする餃子が作れません(:_;

もしかして、皮も捏ねて延ばして作られたのでしょうか?
それとも上海では煮炊きするのが前提なので
売られている餃子皮も厚いのでしょうか??

>mingyanさん

皮は実は買ってきました。(笑)
皮から作ってもあまり味の変化を感じられないんですよね。
皮から作れば更に時間がかかるので、
買ってくる方が手っ取り早いと思ってます。

中国の皮は厚いですね。
厚いので水餃子にしても崩れにくいです。
日本の皮の場合、うまくくっつけないと
茹でた段階で崩れてしまうかと思います。

次回は小龍包に挑戦です。
小龍包の中にスープを閉じ込めるのが難しそうですが。(苦笑)

>mingyanさん

皮は実は買ってきました。(笑)
皮から作ってもあまり味の変化を感じられないんですよね。
皮から作れば更に時間がかかるので、
買ってくる方が手っ取り早いと思ってます。

中国の皮は厚いですね。
厚いので水餃子にしても崩れにくいです。
日本の皮の場合、うまくくっつけないと
茹でた段階で崩れてしまうかと思います。

次回は小龍包に挑戦です。
小龍包の中にスープを閉じ込めるのが難しそうですが。(苦笑)

mingyan :

いいですね♪
煮炊きできる皮が入手できるのは純粋に羨ましいです。

小笼包の中のスープは、包む段階では
「煮凝(ニコゴ)り」で私は作っています。

ところが日本で入手可能な皮では蒸し料理が出来ないので
「生煎包」にします。具材は個人の好みがありますが
合い挽きより豚ミンチを使うのがお勧めですよ。

nk :

はじめまして。
中国で仕事をすることを検討してる者です。
良ければ教えてもらいたく書き込みしました。

期間は一年間、給与は約6000元の求人で、上海と南通、どちらの勤務が良いか迷っています。

上海は、都市の魅力を感じますが、物価や家賃の高さに不安です。
贅沢をする気持ちはありませんが、女性1人で安心して暮らせる物件で、普通に生活するには、6000元で問題ないでしょうか?
中国の生活はピンキリだと聞きますが、日本のように、多少のショッピングやお店でお茶する余裕はないのかと思うと、少し心配です。
ブランドや豪華な食事は望みませんが…

南通は、物価も安く住みやすい街のイメージですが、上海に比べると、刺激が少なく、上海の方が便利。 南通はちょっとつまらないかも?って思ってしまいます。

滞在中は、せっかくだから旅行もしたいし、中国語も習いたい。
あと、本当を言えば、できるなら毎月1000元くらいは貯蓄したいです。
そうすると、上海では無理でしょうか。

南通だと、可能だと思うのですが…?

南通を選んで、生活は多少単調でも、ゆとりを重視するか、
物価の高い上海で、ゆとりはないけど、街の暮らしを堪能するか…

そんなの本人の気持ちですが、迷ってます…

南通もいいよ!とか、上海でも十分生活できるよ!とか、上海は、やめときな、みたいな意見があれば、かつ暇があれば、教えてもらえませんか?

すみません…

>mingyanさん

自分で小笼包作ってるんですか!
すごいですね。。。 
煮凝り使ってたんですね。なるほど。それだったら自分でもいけそう。
日本で食べる小笼包はスープが無い事が多いのですが、煮凝りを使ってないだけなんですかね。

>nkさん

こんにちは。初めまして。

1年間と決めているんですね。中国で働く場合、仕事のやりやすさからダラダラ年数だけ経ってしまいますので、期限を決めて働くのは良いと思います。
(長く働くことに対してノーと言っているわけではなくて、目標の1つに期限を定めた方が目標を達成しやすいと言う意味で書いています)

6000元は税引き前でしょうか?それとも手取りでしょうか?
あと、上海の勤務地は大体どの辺でしょうか?

どちらに住んだ方が良いかと言えば、やはり上海の方が良いです。
観光でどこかに行くにも便利ですし、いろいろな人と知り合うチャンスが多いです。また、大きな仕事にチャレンジできるチャンスも多いです。

ただ、6000元で貯金1000元を目標とする場合はかなり切りつめないと厳しいと思います。
食事は外食を控えれば2000元以内で抑える事ができるので、(自分が最初に上海来た時にはそれぐらいでした) 家賃を1500元~2000元ぐらいに抑えられるかですね。
中心部は厳しいと思いますので、少し離れたところなら探せない事はないと思います。
多少中国語はいけますでしょうか? マンション探しに中国語が必要となります。日系不動産会社に頼むと家賃が高くなりますので、中国現地で探すのが良いと思います。

先ずはここで探してみてはいかがでしょうか? 家賃は2000元以内に抑えられれば6000元でもいけないことはないかと思います。
http://shanghai.anjuke.com/rental/

ちなみに、最初の頃、自分はカルフール(スーパー)で食材を買っていましたが、慣れてくると市場に行ってみると良いです。基本的に何でもあります。しかも安いです。

nk :

モンリーさんへ
お忙しい中、お返事ありがとうございました。

給与は手取りで6000元くらいです。
私は恥ずかしながら中国語はできませんが、部屋を探す際には雇用先のサポートがあって、1人で探すのではないようです。

中国語ができないことはさて置き、食べ物に関しては、ローカル向けで平気です。
食費と家賃を各2000元くらいに抑えれるかどうか、ってことですね。 不動産会社のホームページなど、食事についても具体的に教えていただいて、とてもありがたかったです。
ちょっと勇気も湧きました。
ありがとうございました。
またブログも参考にさせていただきます!

>nkさん

上海生活楽しみですね!
ぜひ健康に気を付けて頑張ってください!

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港