2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海の焼き小龍包「小楊生煮館」

上海は本当にグルメの街。
美味しいものがたくさんありますね。

代表的なグルメ、小龍包一つとってみても、
小龍包以外に、「焼き小龍包」という
グルメがあるんですよね!


意外と知らない人が多いんですが、
こちらが有名店の小楊生煎館」です。 モンリーの上海奮闘記


元々「呉江路」にありましたが・・・

呉江路工事に伴い、お店は無くなってしまいました・・・

が!!
他の場所にもたくさんあるんですね。

こちら↓↓

上海にはこんなにたくさんあるんです。

大きな地図で見る


このお店の特徴は、
何といってもこの大きな鍋で焼き上げる
「焼き小龍包(生煎)」ですね。 モンリーの上海奮闘記


まずは奥の鍋で焼いて・・・ モンリーの上海奮闘記


焼きあがったら、手前の鍋に持ってきます。
これも一種のパフォーマンスなんだと思います。 モンリーの上海奮闘記


4個入りで5元です。
(値上がりしていなかったらです。) モンリーの上海奮闘記


こちらが焼き小龍包です。
まわりに焦げ目をつけて
焼くんですね。

外はカリカリ、
中はスープたっぷり
ジューシーで、かつ、ホカホカです。
出来立てを食べると火傷するぐらいの
熱さですが、とっても美味しいです。
<評価>:★★★★☆


小龍包に飽きたら、
たまには焼き小龍包を
食べてみるととっても新鮮です。


(上海情報はこちらから↓)
 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海の焼き小龍包「小楊生煮館」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/458

コメント(8)

ポテンヒット :

TITLE: 1 ■香ばしそう
SECRET: 0
PASS:
焼き小龍包は初めて知りました。皮が香ばしそうで、お酒のおつまみに良さそうですねえ。女房に作ってもらおうかなと思ったけど、こういうのってデカい鍋で焼かないと美味くないのかなぁ(^_^;)

TITLE: 2 ■穴場ですね
SECRET: 0
PASS:
>ポテンヒットさん

けっこうな穴場グルメですね。
小龍包に飽きたら、焼き小龍包も
美味しいですよ!
熱々で食べるのが良いです。
自分で作ろうと思ったら、、、
かなりしんどいです。
まず鍋を買わねば・・・(苦笑)

TITLE: 3 ■無題
SECRET: 0
PASS:
大好きです!上海に行くと必ず食べるものです(^O^)渋谷にもこのお店ができて、悲しい限りです。上海に行って食べるからおいしいのに。

TITLE: 4 ■西門一路で
SECRET: 0
PASS:
これを食べました。
アツアツでジューシーで美味しかった
一緒に買った臭豆腐は・・・無理でした。

TITLE: 5 ■無題
SECRET: 0
PASS:

うおづです。

焼小龍包、私も好きです。
以前言っていた上海料理屋でよく食べていました。
これって、やっぱり上海の物ですかね??
東北料理屋で見たことないです。

TITLE: 6 ■渋谷に!?
SECRET: 0
PASS:
>なおりんさん

渋谷にもできたんですね!
小龍包の裏に隠れる
B級グルメと思っていましたが、
けっこう人気が出てきたんですね。
上海と味は一緒ですか?

>おとんこさん

石門一路ですよね。
出来立ては熱々で美味しい!
私も臭豆腐は駄目です。(苦笑)
中国人は納豆の方が臭いといいますが
いや絶対臭豆腐の方が臭いですよ。

>うおづさん

上海料理ですね。
上海人は焼き小龍包というよりも
焼き饅頭と表現していました。

TITLE: 7 ■勘違い!
SECRET: 0
PASS:
すみません。あまりに似てたので勘違いしました!

パクリと言っても過言ではない。
以下のサイト見てください!
http://food-stadium.com/headline/000687.html

日本風にアレンジしてるようです。
今度食べて確認してみます。

TITLE: 8 ■似てる!!!
SECRET: 0
PASS:
>なおりんさん

うわぁ。。。
びっくりしました。
お店の名前こそ違いますが
大きな鉄板、お店の看板と・・・
そっくりですね。

ここまで似せなくてもいいのに~。
日本のコピーですね・・・

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港