2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

韓国焼肉料理「韓林炭火焼肉」

昨日は久しぶりに焼肉を食べに行きました。


私が行った焼肉屋さんは水城路-虹橋路付近の
和平広場にある「韓林炭火焼肉」です。


ここは何度か来ていますが、
安く美味しい焼肉が食べられるんですね。

焼肉カルビ(16個入り)が30元(450円)
ぐらいです。


ただ日本料理というよりは・・・
完全な韓国焼肉ですね。

ただ肉の味は一緒なので、
日本人の私達でも味はイケます!

この日は牛タンに、なぞの肉(左下)を
頼みました。
(なぞの肉です。ロースか!?)

モンリーの上海奮闘記


キムチや卵などは無料で付いてきます。
お代わりも自由ですね。

あと、この店の特徴でもあるんですが
かぼちゃスープが付いてきます。

かぼちゃ100%。甘さ控えめの味です。 モンリーの上海奮闘記


二人で焼肉を3皿頼んで
ビール1本、ご飯で、
100元ちょっと(1500円)ぐらいでした。

100元ちょっとで焼肉を食べられると考えると
かなり安いですね。

味もまあまあ。
個人的には日本料理屋と変わらないと
思ってます。
<評価>:★★★★☆


ただし・・・

1件だけ気になることが・・・
韓国焼肉で一番嫌なのが・・・

この箸です。 モンリーの上海奮闘記


なんで、鉄製なんですかね・・・(汗)
けっこう重たいんですよ。


これで焼肉をつまむと・・・
重いし、かなりつまみづらい。(苦笑)

国焼肉はこの箸だけが嫌です。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 韓国焼肉料理「韓林炭火焼肉」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/375

コメント(3)

TITLE: 1 ■韓国ドラマ『チャングム』で
SECRET: 0
PASS:
王様に出した食事に毒が盛られてないか
確かめるのに銀の箸を使うような事
言ってましたね・・・銀は毒に反応して
変色するらしいです・・・・なごりって話もあるし
料理の味を損なわず熱いものは熱く
冷たいものは冷たく食す為とか言ってますが
実際の所丈夫で長持ちだからって話です。

mingyan :

TITLE: 2 ■鉄でも銀でもなく
SECRET: 0
PASS:
ステンレス製です。
もとは、とんこさんのコメント通り皇宮で銀が使われたのが発祥らしいですが時代が下りコスト面からステンレスの箸や器となって庶民に普及しまいました。
私は金属アレルギーなので韓流の食器は使えません
韓国に用事がある時は日本からワリバシ持参です(^^
上海では箸は四角くて長いのが多いですね
使いやすくてとても好きですが
「my箸」として携帯するには少し長過ぎるかも?

TITLE: 3 ■なるほど~
SECRET: 0
PASS:
>とんこさん

なるほど。
そんな深い意味があったんですね。
熱いものは熱く、冷たいものは冷たくの
考えには納得です。
焼肉以外にもこの重たい箸を使うことは
あるんですかねぇ。

>Mingyanさん

今は銀製からステンレス製に変わっていたんですね。ステンレスも結構重たいものですね。
もう少し軽量化して欲しい・・・(笑)

マイ割り箸は、昔私も持参したことがあります。
昔の中国は箸1つ見ても信頼出来なかったので
マイ割り箸は必須でした。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港