2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海にも「すき屋」(食其家)が

しばらく仕事が忙しくて更新できませんでした。

この間面白い店を見つけましたので
リポートします。


上海で牛丼屋と言うと・・・

日本でも一緒!
吉野家」なんですね!


吉野家は上海にも進出しているんです。
中国人の間でも有名ですよ。


メニューは、基本的に日本と一緒ですが、
許せないのは朝食メニューの牛丼セットについてくるのが
味噌汁じゃなくて、コーラなんですね。(苦笑)

朝から、牛丼にコーラ!?
なんでやねん、と思ってしまいます。。。。
かなり重たい、というか、重すぎるメニューですね。


その吉野家の影に隠れている感はありますが、
実は、上海には「すき家」も進出しているんです。
中国語名は「食其家」です。 モンリーの上海奮闘記


「すき家」は金沙江路-真北路のデパートにあります。
日本語で「すき家」と書いてありますね。


こちらは、
牛丼一筋の吉野家と違って、

いろんなメニューで勝負しています。
例えば、これ、見てください。

モンリーの上海奮闘記


一番左の上から二つ目の「韓国泡菜牛丼」って、、、、
これ、キムチ丼ですよね。(笑)

ビビンバじゃなくて、キムチのみで勝負ですか。(苦笑)
その他にも、「麻婆茄子牛丼」なんてありますよ。

麻婆と言うと、中国っぽいメニューの気が
してきますよね。

これは中国ならではのメニューです。
他にもカレーもありました。 モンリーの上海奮闘記


鶏肉のカレーがあるのは
中国ならではだと思います。

他に、ラーメンまで出しています。 モンリーの上海奮闘記


中国の有名なラーメン屋、
「味千ラーメン」は不味くて、高いのですが、
ここのラーメンは驚くほど安いですね。

1杯8~10元(120円~150円)というと、
中国ローカル店で頼むラーメンの値段と
ほとんど変わりません。

低価格路線で、勝負するのでしょうか。


例えば一番上の特制ラーメンですが、
麺は1、2元か、あと、卵と野菜、茄子みたいのに、
水、で1、2元で、原価2~4元ってとこですかね。

1杯10元なので、まあ、6元ぐらい利益が出ていると
思います(社員人件費除く)

利益率60%ぐらいかなぁ。

利益率だけを見ると
けっこういい商売ですね。

ただ、単価が安すぎるので、
よっぽど回転率高めないと
人件費&場所代が入ると
原価割れしちゃいますね。


すき家の場所はこちら↓
【住所】:金沙江路1685号118广场2楼
【電話番号】:021-52706566

すき家の場所はこちら↓


大きな地図で見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海にも「すき屋」(食其家)が

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/368

コメント(2)

ミツ :

TITLE: 1 ■安いですね
SECRET: 0
PASS:
本当に、こんなに商品があって、回せるのかな?よっぽど、単価が安いんですね。それと商品の保存方法も良いのですね。全製品、保存期間が半年以上あったりして…

TITLE: 2 ■現地調達ですね
SECRET: 0
PASS:
>ミツさん

食材は現地調達なのですが、
キャベツが1個2~3元で
買える国なんですよね。
豆腐は1個1元ですよ。。。
この原価ならやれそうな気がします。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港