2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

潮香料理を初めて食べました!

昨日は仕事が終わった後、
恵州地方で有名な「潮香料理」を食べに行きました。

モンリーの上海奮闘記


こちらが店内の雰囲気です。満席でした。

モンリーの上海奮闘記


潮香料理は、初めて食べましたが
日本人に合う海鮮料理なんです!
こちらは前菜の貝類です。

モンリーの上海奮闘記


さあ、

まずはビールで乾杯。
ビールは燕京ビールの生です。

モンリーの上海奮闘記


さあ、かんぱーい!!

飲んでみましょう。

うぉっ!
このビールは苦いですね!
中国でこんなに苦いビールは久々に飲みました。
苦くてコクがあります。

<評価>:★★★★☆


続いて・・・

これ、何だと思いますか?

モンリーの上海奮闘記


中にあるものが入っています。
当ててみてください。

正解はこちらです↓

正解は・・・

なんと!
果物の王様、ドリアンです!

この地方はドリアンが有名なんですね。
ドリアン料理が至るところにあります。

今回、初めてドリアンを食べましたが・・・
何だろ。あまり味がしません。(苦笑)
メロンの触感で、きゅうりを食べているような感覚でした。

<評価>:★★★☆☆


続いて、私が苦手な鴨(かも)です。 モンリーの上海奮闘記


見た目で、
完全にノックアウトです。
鳥は苦手なんですよね・・・

せっかくなので食べてみました。
味は、コリコリです。とにかく硬い。

1個で十分です。
これ以上は食べられません。。。

<評価>:★★☆☆☆


さあ、続いて海鮮といえば、
やっぱり貝類でしょう。 モンリーの上海奮闘記


アサリです。
中国ではアサリは炒めるのが基本です。
(アサリのスープは一度も見たことがありません)

味付けはにんにく+醤油でした。
日本人にも食べやすい味です。

<評価>:★★★★☆


続いて・・・
豆苗です。 モンリーの上海奮闘記

これは上海でも食べられる料理ですが、
恵州の豆苗は細くてシャキシャキしてました。

味付けも薄味醤油で、
日本人に合う味です。

<評価>:★★★★☆


続いて・・・

こちら。魚のから揚げです!

モンリーの上海奮闘記

この料理だけ出てきたら
日本のから揚げとあんまり変わりませんね。。

味も・・・
塩味で、日本のから揚げそっくり。
お酒のおつまみにちょうど良いです。

<評価>:★★★★☆

最後にシメは海鮮おかゆです。 モンリーの上海奮闘記

中国語で粥(zhou)と言います。
潮香のお粥は有名みたいですね。

味は・・・

おお!

確かに美味しい!!!
海老+あわびの味がしみこんでいて、
ただのお粥がチャーハンのようなしっかりとした

味に変わってます。
初めて潮香料理を食べましたが、

このお粥は癖になりそうです。
もし潮香料理を食べる機会があれば

ぜひお粥を頼んでみてください。

<評価>:★★★★★
(久々の5つ星!!)

お粥嫌いの私をお粥好きにさせてくれる味です。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 潮香料理を初めて食べました!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/505

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港