2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

鎮江~揚州に行ってきました その1

7/31(金)~8/1(土)は、中国江蘇省の鎮江、揚州に
旅行してきました!

その旅行の様子は、何回かに分けて
お伝えしていきたいと思います。

上海から鎮江までは新幹線を
使いました。

出発時刻は8時47分。
今回は日本人3名でした。

8時30分頃待ち合わせだったんですが、
1名は来ました。

もう1名は・・・

来ません。(苦笑)

ありゃりゃ?
どうしたのか・・・

電話を入れました。

プルルルル~。

ガチャッ

「今どこですか?」

友達:「え~と。延安西路駅」ですね。

え!?

まさか、地下鉄三号線の延安西路駅?
上海駅までは更に6、7個の駅があるんですけど。

友達:「ごめんなさい、
    三号線で上海駅に向かうはずが、
    逆の線に乗って、逆走しちゃいました。

おぉぉぉぉ~~。(苦笑)

・・・

どうやら、
いきなり出発時間変更のようです。(笑)

でも、まあ、、、

旅はこうだから面白い。(笑)
この旅には波乱万丈の予感がしますね・・・ (苦笑)

新幹線のチケットを買い直して
9時50分に出発です。

1時間半ほどで到着

鎮江駅」に着きました。

モンリーの上海奮闘記

ここは・・・

「ずいぶんと古い駅だなぁ。。。」
モンリーの上海奮闘記

かなりの田舎のようです。
モンリーの上海奮闘記

これでも一応、
新幹線の停車駅なんですけどね。
モンリーの上海奮闘記

でも、少し古い駅からは
都会とは違った歴史あるニオイを感じますね。
私は結構好きです、こうした中国の古い駅は。

さあ、駅を出てみました。
モンリーの上海奮闘記

こちらが鎮江の町並みですね。
モンリーの上海奮闘記

タクシーは上海と似てますね。
青、黄色等があります。
モンリーの上海奮闘記

さて、時間も11:30なので、
そろそろ食事しましょうか。

バス乗り場にいたおばちゃんに聞いて、
レストランを探しました。
モンリーの上海奮闘記


鎮江駅の目の前にある
ホテルのレストランに入りました。
モンリーの上海奮闘記

ウェイトレスに
鎮江の名物を聞いてみました。

一番の名物は、
こちら!

鎮江硝肉 (Zhen4 Jiang1 Xiao1 Rou4)です!
モンリーの上海奮闘記

早速、食べてみましょう!

食べる時には、お肉と生姜、
鎮江黒酢を付けて食べます。

果たして、味は・・・



う~ん、美味しい!

生姜のピリピリッ感、
酢の酸っぱさがうまく
マッチしてます。

肉は少し脂身があるのですが、
酢の味が脂臭さを消してくれてます。

<評価>:★★★☆☆

この肉は骨付きなんですが、
個人的に骨付きの肉はあまり好きではないので
若干評価を落としました。

骨付きが大丈夫な人は一度食べてみると
良いと思います。味自体は美味しいです。

続いて、、、
ビールを注文! (注文し忘れました 笑)
モンリーの上海奮闘記

珍しいビールですよね。
天目湖ビール」と言います。

地ビールですね。
天目湖は江蘇省にある湖です。

私もいつか行ってみたいなぁと思っていましたが
夏は、避暑地として大人気スポットのようですね。

早速、飲んでみましょう。

味はいかが!?



甘くなく、苦くなく、
飲みやすいビールだと思います。
爽やかな香りがするのもポイントです。

<評価>:★★★★☆

続いて、鎮江のお隣の市「揚州」の名物
獅子頭」を注文しました!モンリーの上海奮闘記

これは、本当に有名ですよね。
上海でも食べた事があります。
モンリーの上海奮闘記

果たして味はいかがか・・・



おお!!!
うまい!

噛めば、肉汁がじゅわぁ~っと出てきますね。

外は熱々、中はホクホクで、
美味しい肉団子ですね。

<評価>:★★★★☆

これは日本人なら誰もが大好きな味だと思います。
オススメです。是非食べてみてください。

続いて、最後に「揚州湯包」を
注文しました。
モンリーの上海奮闘記

一見、小龍包のように見えますが、、
こちらは湯包です。

湯包と小龍包の違いについては
教えましょう!

実は、中国人でも良く分かっていない人がいるほど、
似ている料理なんですが、個人的には、中のスープの
量が違うと思ってます。

小龍包の中には肉汁たっぷりのスープが入っていますが、
湯包はほとんど無いんですよね。
まあ、中に入った食材だけで楽しむ事が出来るので
一種の餃子のようなものですね。

<評価>:★★★☆☆

さあ、食事が終わったら、
次は長江を見に行くことにしました。

今回はタクシーで移動します。

タクシーで20分程走ると、
見えてきました。長江大橋です。
モンリーの上海奮闘記

この橋は鎮江と揚州の間を流れる長江の上を
渡る橋なんですよね。
モンリーの上海奮闘記

見えてきました、長江です。
モンリーの上海奮闘記

初めて長江を見ましたが、
意外と黄色っぽいんですね。

どことなく、黄河に似てます。
(黄河は過去に撮った写真があるので
 またあとで紹介したいと思います)

そのまま大橋を渡ると、揚州に行けるのですが、
まだ鎮江を満喫していないので、
今回は中州(長江にある島)にある休憩所に向かいました。

モンリーの上海奮闘記

中州にはこうして降りることが出来ます。
モンリーの上海奮闘記

立派なホテルが建っているんですね。
中州で一泊過ごす事も出来るようです。
モンリーの上海奮闘記

タクシーを走らせて、再び鎮江に戻ります。
モンリーの上海奮闘記

鎮江に戻ってきました。
モンリーの上海奮闘記

雲行きが段々怪しくなってきましたが、、、(苦笑)
次なる目的地に向かいましょう!
モンリーの上海奮闘記


さあて、今回はこの辺で。

次回は鎮江観光です。

続く・・・


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鎮江~揚州に行ってきました その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/321

コメント(1)

ひらっち :

2012年12月23日現在、鎮江駅のすぐ南側に高鉄専用の駅が出来ていて駅前もキラキラと賑やかなネオンサインがあり?在来線用の鎮江駅の北側広場の古いイメージと大きなギャップが出来ています。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港