2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

「十三稜の定稜」観光

万里の長城に続いて、
万里の長城へ行った帰りに行く定番の観光地、
「十三稜」の一つ、「定稜」に行って来ました。


ここには明の皇帝のお墓があるようです。


こちらが定稜の全体図です。
真ん中には地下宮殿もあります。

ちなみに右側の解説は日本語です。(笑)


先ずは宝石の置いてある宮殿をチェック。
こちらは昔のお金です。両左右は面白い形をしてますね。


いよいよ地下宮殿に侵入!(笑)
地下宮殿は全部で6個の部屋があります。


こちらが王様の座っていた椅子だそうです。


手を置く部分が龍の形をしていますね。
この時代、龍は神様だったようです。  


ちらが后(きさき)の椅子です。


后は龍の形じゃないんですね。
龍は王様だけのもののようです。 


地下宮殿は、これで終了。
正直あっけなかったです。(苦笑)

あまり面白くないですね・・・


途中、龍の形をした石碑がありました。
長さは3メートルほどでしたが、、
故宮にはもっと長いものがあるそうです。


で、あっけなかったですが
これにて終了。


う~ん、、、
この観光地はちょっと拍子抜けでしたね・・・


とりあえず今夜のホテルに移動しましょう。
こちらが今夜のホテル。富邦国際酒店です。


入り口はこんな感じ。


部屋は広くて豪華でした。


日本人を意識した和室?
のようなものもありました。(笑)


とりあえずこの日は終了。
翌日は故宮に行ってきます!



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「十三稜の定稜」観光

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/148

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港