2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

中国人は時間にルーズ?

果たして、
中国人は時間にルーズなのか・・・?


日本人のイメージでは、
中国人は約束した時間通りに来ないし、
会議だって時間通りに始まらない。


「時間にルーズである」


これが日本人のイメージですが、
果たして実態はどうなのか?
検証してみたいと思います。


検証するにあたって、
時間に守る、守らないは個人レベルで大きく
違ってくる事から客観的に判断できないため、
交通機関の中で最もブレの少ない新幹線の
出発時刻で検証してみたいと思います。

日本でも新幹線の出発時刻なら
基本的に大きく遅れることは少ないですよね。
客観的な分析が出来るかと思います。


まず、ここは蘇州駅です。

モンリーの上海奮闘記


これから上海へ戻ります。

モンリーの上海奮闘記


今回乗る列車は新幹線です。
出発時間は、17:19になります。

モンリーの上海奮闘記


すると・・・・
しばらく列車を待っていましたが・・・
全然来ません。(苦笑)


もう17:30になりました。 モンリーの上海奮闘記


驚きました。


いつの間にか、
出発時刻が変わっていました!
17:36発になっています。

モンリーの上海奮闘記


新幹線の出発時刻が変わってしまったんです。
日本じゃ考えられませんね。

17:35分頃に新幹線が到着・・・

モンリーの上海奮闘記 モンリーの上海奮闘記


停車しました。 モンリーの上海奮闘記


そして、乗車。

モンリーの上海奮闘記


その後、出発したのは
なんと、17:40!

当初予定は17:19
いつの間にか出発時刻が変わって17;36。
結局、出発したのは17:40でした。

2回も時間が変わってしまいました。。。。。
これを、時間にルーズと言わずして
何と言うのか・・・


という事で、
中国人は時間にルーズなのか」の答えですが、
時間にルーズである」という事が言えるかと思います。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国人は時間にルーズ?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/286

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港