2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海 多倫路文化名人街を歩いてみた


最近、上海は天気が良いですね。
この日は、上海の有名観光スポット、多倫路文化名人街に行ってきました。

モンリーの上海奮闘記

ここは、かくて魯迅等の文化人が住んでいた場所と言われています。
上海には珍しい、文化的な観光スポットです。
モンリーの上海奮闘記

上海は、大きなビルが建って、
いかにも未来都市というイメージに向かっていますが、
未来都市は未来都市で好きなんですが・・・
私はむしろ、こうした文化的なスポットの方が好き。

今回、初めて来ましたが・・・

多倫路文化名人街いいです!!!
モンリーの上海奮闘記

何が魅力的なのか、
さあ、中に進んでみましょう!
モンリーの上海奮闘記

入ると・・・
いきなり西洋風の
お城のような建物があります。
モンリーの上海奮闘記

縦長のドアに、丸い窓・・・

これは中国の建築物じゃないですね。
中華風というよりも・・・
当時のイギリス、フランス人が
建てたと思われます。

おっと、こっちには・・・!?
モンリーの上海奮闘記

スーツ姿の男性と、
チャイナドレス姿の女性がいます。

何か、ポーズ決めてますね・・・

何をやっているのでしょうか?

実は、これ・・・

結婚写真を撮っているんですよね。

中国では結婚前にこうした素敵な衣装を着て、
結婚写真を撮るんですね。

私も撮りました。
なぜか韓国風の衣装や・・・
ドラゴンの刺繍が入ったチャイナドレスを着て、
↑写真のカップルのようなポーズを決めてました。

素敵な写真を撮ってくれてさぞかし満足かと思いますが、
その撮るプロセスは本当にしんどいです。

だって、朝7時~夜21時まで撮り続けるんですもん。。。。
1日がかりです。かなりしんどい・・・

もう二度と撮りたくないですね。
写真の撮り直しをしたくないがために、
離婚⇒再婚をしない夫婦も多いと聞きます。
それぐらいしんどい作業です。

結婚写真については今度また別の機会にじっくり
書こうと思います。

さあ、先に進みましょう!
モンリーの上海奮闘記

西洋風の建物を過ぎると・・・
見えてきました。

自転車と市民の姿が。
モンリーの上海奮闘記


これぞ中国の光景ですね。
なぜか安心してきます。

さあ、こちらは・・・

石像ですね。
著名人のようですが・・・ 不覚にも誰の石像かメモするのを
忘れてしまいました。。。。 無念・・・

モンリーの上海奮闘記

続いておしゃれなレストランです。
造りは西洋風に見えますが、、、、、
よーく見ると実は中華風ですね。。。

7元のデッカイ看板が目立ちます。
(店名以上に・・・ )
モンリーの上海奮闘記

こっちは中華風ですね。
この通りは観光地でもあって、実際に生活している住人もいるんです。
ここはその住人の家でしょうか。
モンリーの上海奮闘記

ここは似顔絵屋さんですね。
白黒の似顔絵が歴史を感じます。

モンリーの上海奮闘記

でも逆に言うと、
だからこそこうした店で書いてもらいたいと
なるのだと思います。
さすが商売人中国人ですね。うまいです!

店名は・・・
右から読むのでしょうか。文博堂です。

さあ、先に進みましょう。
上海、おなじみの洗濯物もありますね。(笑)
モンリーの上海奮闘記

そうそう、皆さんは・・・

なぜ、洗濯物をこうした道路の上に干すのか
知っていますか?

ビックリしないでください。。。

実は・・・・
通行人に洗濯物から出た水をかけるためだったんです!

日ごろの溜まったストレス発散のために、
絞りきらない洗濯物をここにかけて、
通行人がきゃっと驚くのを楽しみにしている・・・

っって、なわけないでしょ。(笑)

解説するに、
中国には、太陽の光には殺菌効果があるという
考え方が残っていて、洗濯物は絶対に部屋干しはしません。
こうして外の太陽の光が当たるところに干すんですよね。

確か・・・
上海万博で、道路周辺の洗濯物干しはNGに
なったはずですが、まだこうした習慣はなくならないようです。

さあ、続いてこちらは・・・
モンリーの上海奮闘記

またまた発見!

結婚写真ですね。

多倫路の写真撮影は本当に多かったです。
ただ15分ほど歩いただけで、4組も発見しました。

まあ、確かにこうした場所で撮りたくなるのも分かります。

一般的に結婚写真は4、5スポットで撮るので、
都会、歴史建造物、自然スポットは必ず入ってきます。

多倫路のような文化的な歴史を感じる場所は上海では
あまりないので、人が殺到するのでしょう。
モンリーの上海奮闘記

続いて・・・・

ここも面白い場所ですね。
多倫路の紹介マップに良く出てくる場所です。
モンリーの上海奮闘記

あと、こちらも良く出てきますね。
モンリーの上海奮闘記

こちらは、鴻徳堂という名前で
1928年に建てられた教会です。

完全に西洋風というわけではなく、中国建築が混ざったのが特徴です。
2階には主会堂というのがあり、昔はここに人が集まって、
礼拝をしていたそうです。


さあ・・・ 
随分歩きました。
20分ほどでしょうか。

ようやく出口です。
モンリーの上海奮闘記


側にはホテルが。

このホテルは多倫路文化街の中にあるレストランです。
威享酒店というようです。
モンリーの上海奮闘記


老酒で酔っ払う人が多い。
人気店です。

と書いてありますね。

この日は時間が無かったので
いきませんでしたが今度行ってみたいなぁ。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海 多倫路文化名人街を歩いてみた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/541

コメント(2)

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:

うおづです。

私達も結婚写真を撮りました。

外ではなくて、スタジオ内でしたがやっぱり時間は長く、9:00頃から17:00位まで掛かった気がします。

まして男の人は準備が簡単で待ち時間が長く、スタジオ内のテレビでは中国語の映画しか放映されていないし、当然スタッフも中国語で話しかけてくるし・・・・・。

でも、また何か機会があったら行きたいです。
なんと言っても日本で撮るより格段と安いので!!

TITLE: 2 ■思い出に残りますね
SECRET: 0
PASS:
>うおづさん

もう二度と撮りたくないと思いましたが、
写真を見ると良いもんだと思えてきます。
結婚後xxx周年には撮りたいですね。
日本に比べれば格段に安いですし。。。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港