2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海新天地

今日で国慶節は終了。

マンション探しのついでに、
新天地に行って来ましたのでレポートします。

国慶節という事で、お祭りムードか!?
提灯がぶら下がってます!

この日は昔の上海を表現した「展示室」に入りました。
1名10元です。

これが20年前の上海の家か・・・。

20年前と言うと1988年ですよ!

うちのマンションと比べてみてください。
マンション初公開

たった20年で随分進化してますね。
凄まじいです!

日本は50、60年以上かかってるんじゃ
ないでしょうか・・・。
(いや、もっとか?)

ついでにこちらがベッドです。

書斎です。
本を見てください。
紙質が今と全然違いますよね。
日本の江戸時代のように思えてしまいます。

今度は新婚向けベッドでしょうか。

随分と昔のように思えてしまいますが
これも20年前です。


上海のこの20年の進化は凄まじいですね・・・

ただ、↑のような家も
上海にはまだ残っています。
老房子」という名前で。

上海は格差が激しいんですよね。
お金の無い人達は未だに老房子に住んでいます。

(上海情報はこちらから↓)
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海新天地

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/202

コメント(1)

TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:
20年前ですか。いかにも中国って感じですね。私のイメージですが・・・。

でも、上海は特別じゃないですか?
私は、日本在住ですが、とある町に行きつけの中国パブがあるのですが、そこの町は飲み屋からマッサージからいっぱい中国人がいます。

中国の人って情報交換すごいじゃないですか。だから、どこの店の誰がどこの出身って知ってるんですよ。

で、飲みながら聞いてると、あそこの出身は貧乏だとか、ここはずるい人が多いとか。

でも、上海って悪いこと言う人いないんです。

それだけ上海って進んでるみたいですね。

私は、20年前、まだ高校に行ってました・・・。
今では、進むより後退してます。

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港