2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

米粉作りに挑戦

米粉と書いて、中国では米から作った麺を指します。
米粉といえば、桂林の米粉がとても有名ですね。
昔、上海でも何度か食べました。

その米粉を自分で作ってみよう!と考えました。(笑)

用意するものは米です。米は一人分と言うことで一合準備しました。

先ずは、米を研ぎます。
(お米を炊くプロセスと同じですね)
その後、1~2時間ほど、お米を水に浸しておきます。

続いて、水をザルで切って、半日ほどほったらかしにして
乾燥させます。

続いて、すり鉢を用意します。
お米をすり鉢で細かくつぶしていきます。
2012-05-13 11.06.08.jpg


右が処理済、左が処理中の写真です。
粒の細かさが全然違いますよね。
2012-05-13 11.13.15.jpg

一通りつぶし切ったら、
ふるいにかけて細かい粉だけを集めます。
(ふるいに残ったのは再びすり鉢でつぶしてください)
2012-05-13 11.36.47.jpg


一通り米の粉ができたら、
水を少しずつ加えて練っていきます。
※水は多くなると形を作るのが難しくなるので、少しずつ加えるのがポイントです。

米粒が荒いとなかなかくっつきません。
その場合は小麦粉を少し加えると良いです。

こんな感じで丸くしていきます。
2012-05-13 11.53.01.jpg

1~2時間ほど寝かせて、麺の形に切っていきます。

最後に、お湯で茹でて盛り付ければ完成です。
こんな麺ができました!!
2012-05-13 12.13.06.jpg

お米の麺ですが、、、ものすごいモチモチ感です!
こんな麺を食べたのは初めてです。
(お餅を食べている感覚ですかね)
2012-05-13 12.15.03.jpg


とても美味しかったのですが・・・
ただ、上海で食べた桂林米粉と全然違う食感ですね。
桂林米粉はもっと普通の麺っぽく、モチモチ感は感じませんでした。
おそらく、小麦粉半分ぐらい入っているんじゃないかなぁ。。。。

ミキサーかフードプロセッサーがあれば、すり鉢を使わなくて良いので
かなり作る効率が良くなると思います。
今度はミキサー用意してまたチャレンジしてみよう。






トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米粉作りに挑戦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/655

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港