2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

「非诚勿扰」の撮影現場、杭州「西溪湿地公園」に行ってきました

2009年の映画、非诚勿扰。
日本名だと「狙った恋の落とし方」の撮影現場に行ってきました。

撮影現場と言っても、
杭州のワンシーン1部です。
(ビビアンスーが出てくるシーンです)

その現場は、杭州の「西溪湿地公園」にあります。
こちらが「西溪湿地公園」の入り口です。

入り口には大きな橋があります。

非诚勿扰」のワンシーンに、
川をボートに乗ってデートをするシーンがあったかと思いますが、
その川がこちらなんです。

公園だけあって、
緑と水のバランスがとてもキレイです。

この公園はチケット無しでも入れますが、
チケットが無いと川渡りができないんですよね。

チケットは結構高い。
一人150元(2000円近い)しました。
 

園内はかなり広いので、
2、3時間ぐらい余裕を見たほうが良いです。


さあ、園内を回ってみましょう。
 

園内は船で回ります。
船だけでも1時間ぐらいかかります。
 

こちらが船の待合室です。
船は10分~15分に1本ぐらいの割合で走っています。
 


さあ、船がやってきました。

船に乗り込みましょう。
席は自由です。早い者勝ちです。

ちなみにこちらは船長です。
 

船でしばらく走ると目的地に着きます。

ありました!
非诚勿扰」の看板が。

ここで撮影したことを証明するオブジェです。
 

船は1時間かけて1つの目的地まで行くのではなく、
10分~15分の旅を4、5回繰り返す感じです。

途中、途中で降りて
観光をすることができます。
(もちろん降りなかったらそのまま1時間かけて川渡りになります)

さあ、もう一度船に乗ります。
船は毎回変わります。


この船はすごかった。。。

なんと!GPS付きです。
 


船用GPSのようですね
(電池切れ間近です 笑)
 

さあ、また船に乗って
公園を回ります。
 

ビックリしたんですが、
園内には生活しているような人もいます。


公園はとにかく広い。
東京ドーム、、、、 100個分とかありそう。
そこで生活している人がいてもおかしくないです。

一応、日本人の観光客向けに日本語の看板も
ありました。

一番下を見てください。
トイレ」と日本語で書いてありますよね?
 


さあ、先に進みましょう。 

お腹が空いたらキュウリを買ってみてください。(笑)
キュウリは、中国ではこうして食べ歩きする野菜として
売られています。
 

さあ、旅も終盤です。
こちらは大きな古木です。
 

こうした古い木が珍しいのか。
人がたくさん集まっていました。


さあ、最後は非诚勿扰のワンシーンの看板です。
 


ということで、
非诚勿扰の撮影現場、西溪湿地公園でした。
次回へ続く。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「非诚勿扰」の撮影現場、杭州「西溪湿地公園」に行ってきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/586

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港