2007年10月から上海で生活しています。 上海の生活、グルメ、旅行、不動産事情など、現地にしかない生の情報をお伝えします。

上海のベッドタウンになりそうな嘉定新城


相変わらず上海不動産の価格は上昇傾向にありますが、
この日は嘉定新城のマンションを見に行ってきました。

嘉定新城というと、限りなく、昆山に近い上海西側にあります。

地下鉄11号線が開通し、上海中心街との交通が便利になったこともあり、
最近、近くに丸紅がマンション作ったりと、不動産業界からは
かなり注目されている場所です。

地下鉄11号線に乗ってやってきました。
嘉定新城です。
モンリーの上海奮闘記

駅を降りると・・・

はっきり言って何もありません。(笑)
マンション建設現場のみです。
モンリーの上海奮闘記

この駅を降りてすぐ見えるこの草むらには
カルフール(スーパー)建つ予定です。
モンリーの上海奮闘記

さあ、マンションを見に行きましょう。
モンリーの上海奮闘記

今回、見学するマンションはこちら、?湖?城というマンションです。
モンリーの上海奮闘記

マンションの外側堀は出来ていますが、
実は、まだ建っていないんです。新築マンションです。
モンリーの上海奮闘記

こちらは平面図ですね。
モンリーの上海奮闘記


お目当てのマンションはこちらです。
モンリーの上海奮闘記

引渡し予定は2012年5月と言われています。

価格はなんと! 18,000元/平米です。
80平米だと144万元、日本円で2,000万以内です。

これに、内装工事や手数料が加わっても、
2,200万~2,500万ぐらいで購入できそうな物件です。

上海で20,000万元/平米を切っているマンションは
限りなく少なくなっているので、かなりお得ですね。
迷う~、迷うぞ~。。。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上海のベッドタウンになりそうな嘉定新城

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://thb.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/565

コメントする

モンリー

上海生活4年目に突入。中国は10年近く携わってます。中国国内で行った主要都市は北京、天津、青島、上海、蘇州、杭州、無錫、南京、寧波、揚州、镇江、開封、温州、広州、深セン、恵州、香港